津山市立教育・保育施設再構築計画の策定について

津山市立教育・保育施設再構築計画の策定について

 本市では、近年、少子化、核家族化、保護者の就労形態の変化などに伴って、保育所(園)では園児数が増加する一方、幼稚園では減少しており、特に公立幼稚園においては減少の傾向が顕著です。
 
 こうした中、本市は平成22年3月に「津山市公立幼稚園将来計画」を策定し、適正配置や再編案などを定めましたが、同時期に、国において子ども・子育て支援施策の大幅な改正に向けた検討が始まったため、計画の実施を一時休止し、国の動向を見守らざるを得なくなりました。
 
 その後、平成24年8月に子ども・子育て関連3法が制定され、平成27年度から子ども・子育て支援新制度がスタートすることとなったため、保護者の教育・保育等のニーズに対応するための提供体制や次世代育成支援対策などについて定めた「津山市子ども・子育て支援事業計画」の策定に取りかかり、平成27年3月に完成したところです。

 こうした状況の下、「津山市子ども・子育て支援事業計画」で見込んだ幼児教育ニーズへの適切な対応や望ましい集団教育の確保等を図るため、一時休止していた公立幼稚園の再構築について早急に着手する必要が生じたことから、「津山市立教育・保育施設再構築計画検討委員会」での素案作成や「津山市子ども・子育て審議会」での諮問・答申、パブリックコメントの実施を経て「津山市立教育・保育施設再構築計画」を策定したものです。

【計画書】

【関連資料】

この情報に関する問い合わせ先

津山市 子育て推進課(こども政策係)