津山市立中正小学校

  • この記事の対象年齢
  • 小学生以上

津山市立中正小学校

 

津山市立中正小学校

 

 

 所在地 お問い合わせ先

 ◆所在地 〒709-4602  津山市宮部下686

 ◆お問い合わせ先 電話 0868-57-2010  FAX 0868-57-2078

 ◆メール chusei@ed-tsuyama.jp

 ◆学校公式ホームページ http://www.ed-tsuyama.jp/chusei-es/

 

 

 児童数・学級数

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

10

7

6

7

6

4

40

4

4

3

6

12

10

39

合計

14

11

9

13

19

14

79

学級数

1

1

1

1

1

1

6(8)

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (平成30年5月1日現在)

 

 学区の様子

 本校は、津山市の西の端に位置し、妙見山のすそ野に開けた田園地帯のなかにあります。春にはウグイスがさえずり、夏の夜にはホタルが乱舞し、秋にはトンボがとびかう豊かな自然に恵まれています。また5世紀の築造と推定されている国指定史跡の三成古墳や中世山城田邊城跡等もあり、歴史と文化の漂う学区である。
 
依頼できる外部講師も多く、学校教育に協力的で地域と連携して子どもたちの教育が進んでいる。

 教育目標

 夢をもち かしこく やさしく 元気な子を育てる 

 

指導の重点

 「あいさつ」「たいせつ」「あとしまつ」の、3つの「つ」の実行を目指します。
 

  1. 確かな学力の育成を図り、学ぶ喜びを体験させる。
  2. 自分や他人、ものを大切にし、思いやりをもつことができる様々な場面を体験させる。
  3. 夢や目標をもたせ、達成に向け根気強く取り組ませ、達成の喜びを体験させる。

 特色ある教育活動

 1.学力の定着と自主学習の推進
 

 ○ どんどんチャレンジ(年間8回)

   ・クラブ活動、委員会活動のない木曜日1時間目に計算力の定着と習熟を目的に行う。
   ・学習活動を自己評価する(マイゴールカード)とともに、自主学習の習慣を身につけさせる。

   ・2年から6年は年間を通して(1年については3学期のみ)行う。

 ○ 家庭学習・自主学習

  ・手引きをもとに、家庭学習の充実を図る。

 ○ 自ら学び ともに学び合う児童の育成

  ・学習意欲の向上、基礎学力の充実、考える力、聴く力、伝え合う力など、総合的に学力の充実を図る授業、指導法の研究(学びの共同体)                 

 ○コミュニケーション能力の育成

   ・国語科、算数科を中心にして、思考力・判断力・表現力および言語感覚を養う。

   ・外国語活動を通して、外国語(英語)に親しみ、積極的にコミュニケーションを楽しもうとする児童の育成。

   ・情報教育において、技能や情報マナーの向上を図る。
  

 2 地域に根ざした教育活動

 (1)地域に出かける

  ・ウォークラリー:春の遠足と1年生を迎える会を兼ねて

  ・米作り体験(5年生)

  ・新高梨の栽培見学・体験(3年生)

  ・宮部川探検(4年生)

  ・学区の自然探検・安納芋づくり体験(1・2年生)
  ・歴史体験(6年生)

 (2)地域の人を講師に迎えて

  ・ボランティアによる 読み聞かせ(各学年年2回)

  ・先輩に学ぶ!(キャリア教育の一貫として)

  ・情報教育

  ・体験学習:生け花(6年)、茶道(5年)、備前焼(4年)、絵手紙(3年)  

  ・津山市社会福祉協議会との連携: 点字体験 手話体験 認知症セミナー

  ・非行防止教室 租税教室 薬物乱用禁止教室など

 (3)地域・保護者と連携して自己肯定感や学習・生活習慣の育成

  ・学校からの情報発信
    ホームページ 学校便り PTA新聞 母親委員会だより 学年通信 

  ・学校支援地域本部事業(地域ボランティアさんと連携)

  ・放課後学習・夏休み補充学習(ぐんぐん教室)  

  ・民生児童委員との連絡会

  ・津山っ子を守り育てる会

  ・久米図書館から本の長期学級貸し出し

  ・津山市立図書館移動自動車文庫「ぶっくまる」の巡回

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課