医療機関の適正受診にご協力ください

  • この記事の対象年齢
  • 0歳
  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4歳
  • 5歳
  • 小学生以上
  • 保護者向け

医療機関の適正受診にご協力ください

医療機関を受診する際は、次のようなことを心がけるよう、皆様のご協力をお願いいたします。
 
1 はしご受診・重複受診はやめましょう
  はしご受診・重複受診とは、同じ病気でいくつもの医療機関を渡り歩くことを言います。
  医療機関を変えると、検査・処置・注射・薬の処方などを最初からやり直すこととなり、身体に重い負担となります。

 
2 お薬手帳を持ちましょう
  薬の重複処方を防ぎ、飲み合わせの確認やアレルギーを避けるため、お薬手帳を活用しましょう。
 
3 ジェネリック医薬品(後発医薬品)を有効に活用しましょう
  先発医薬品と同じ効能・効果を持つジェネリック医薬品(後発医薬品)を有効に利用しましょう。
 
4 予防接種をしましょう
  感染症からお子様を守るとともに、かかった場合も軽症ですむことが期待できます。
  時期をとらえて予防接種をしましょう。接種スケジュールなどは、かかりつけ医にご相談ください。

 
5 救急医療は適切に利用しましょう
  夜間・休日にお子様の急な病気で心配になった時は、小児救急電話相談(#8000)の利用ができます。
  小児科の看護師等からお子様の症状に応じた、適切な対処の仕方などのアドバイスが受けられます。

 
急な発熱頭をぶつけた嘔吐けいれんなど、
今すぐ病院に行った方がいいのかどうか迷ったときは、まず
お電話を!!
小児救急電話相談

#8000 または 086-801-0018
平 日:午後7時から翌朝8時まで  土日祝:午後6時から翌朝8時まで

こどもの救急 左のホームページにおいても、公益社団法人 日本小児科学会が、
 夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。
 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 こども課(子育て支援係)