麻しん(はしか)に注意!!

  • この記事の対象年齢
  • 1歳
  • 2歳
  • 5歳
  • 保護者向け

麻しん(はしか)に注意!!

 麻しん(はしか)が発生しています。

 沖縄県等の麻しん患者の状況
 平成30年3月20日沖縄県内で旅行客が麻しんと診断され、当該患者と接触歴のあった者や同じ施設を利用した者を中心に、沖縄県内で麻しん患者の発生が続いてます。
 二次感染例が沖縄県内の広範囲において報告されており、愛知県など沖縄県外においても麻しん患者が発生しています。
 
 麻しんとは
 麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染によりヒトからヒトに感染が伝播します。その感染力は非常に強いと言われており、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。
 
 感染すると、約10から12日間の潜伏期間の後、38℃前後の発熱が2から4日間続き、咳や鼻水といった風邪のような症状が出ます。その後、少し体温が下がり、再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹出現後3・4日間で解熱し症状は軽快、合併症のないかぎり7から10日後には症状が回復します。
 
 麻しんは発熱が長く続き、体力の消耗が激しいため、合併症がなくても入院を要することが少なくありません。
 
 近年はワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っていますが、海外の流行国への渡航歴がある人やその接触者で患者が発生しています。

 予防接種について
 定期接種対象者は、生後12か月から生後24か月に至るまでの間と、5歳以上7歳未満であって小学校入学前年の4月1日から入学の年の3月31日まで、になります。各期間に1回ずつ接種します。受け方についてはこちらをご覧ください。

 定期接種対象者の方は、予防接種を受けるようにしましょう。
 
 麻しんについての詳しい情報は、下記を参照してください。
 「沖縄県における麻疹患者の発生状況について」平成30 年4月9日(国立感染症研究所)
 
 麻しんとは(厚生労働省)
 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課