麻しん(はしか)に注意!!

  • この記事の対象年齢
  • 1歳
  • 2歳
  • 5歳
  • 保護者向け

麻しん(はしか)に注意!!

 麻しんについては、海外で発生した患者を契機とした国内での感染の拡大事例が散見されております。今般、関西地方で麻しん患者の増加が報告されています。今後、麻しん患者の移動等により、広範な地域において患者が発生する可能性があります。
 
 麻しんとは
 麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症で、空気感染、飛沫感染、接触感染によりヒトからヒトに感染が伝播します。その感染力は非常に強いと言われており、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。
 
 感染すると、約10~12日の潜伏期間の後、38℃前後の発熱が2~4日間続き、咳や鼻水といった風邪のような症状が出ます。その後、少し体温が下がり、再び高熱(多くは39℃以上)が出るとともに、発疹が出現します。発疹出現後3~4日間で解熱し症状は軽快、合併症のないかぎり7~10日後には症状が回復します。
 
 麻しんは発熱が長く続き、体力の消耗が激しいため、合併症がなくても入院を要することが少なくありません。
 
 近年はワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っていますが、海外の流行国への渡航歴がある人やその接触者で患者が発生しています
 
 詳しい情報は、下記を参照してください。
 麻しんについて(厚生労働省)
 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課