• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

ノロウイルスによる食中毒に注意してください

 感染性胃腸炎の患者発生は、例年12月の中旬頃にピークとなる傾向があります。
 この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると
推測されており、ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒の発生動向に注意してください。

 

 ノロウイルスによる食中毒予防のポイントは、次のとおりです。

1、手洗い
 ノロウイルスの感染予防には手洗いが重要です!
 調理開始前、作業工程ごと、トイレの後などこまめに丁寧に、手洗いしましょう。

2、健康管理
 日頃から自分自身の健康状態を把握しましょう!
 下痢やおう吐、風邪のような症状がある場合には、調理に直接従事することは控えましょう。
 症状が治まっても、1週間から1か月程度はウイルスが排出されることがあります。

3、加熱
 加熱して食べる食品は、中心部までしっかり加熱!
 中心温度85℃から90℃で90秒以上加熱しましょう。

4、洗浄、消毒
 調理器具の洗浄・消毒は確実に!
 調理器具等は洗剤などで十分洗浄してから、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)または熱湯で消毒する。





 詳しくは、こちらのホームページをご覧ください。

  • ノロウイルス等検出状況 2019/20 シーズン
    https://www.niid.go.jp/niid/ja/iasr-noro.html
 
  • ノロウイルスに関するQ&A(最終改定:平成30年5月31日)
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html
 
  • ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット
    https://www.mhlw.go.jp/content/11130500/000364608.pdf[PDFファイル]

 
 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課
  • 直通電話0868-32-2069
  • ファックス0868-32-2161
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールkenkou@city.tsuyama.lg.jp