• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

【津山市共催事業】ダイバーシティ推進セミナー 「スタジアムアナウンサーが教える話し方の極意」について

 マスク生活が長期化し、対面であっても表情が見えにくく気持ちが伝わらない、電話だと言いたいことがうまく伝えられない。いまビジネスシーンで必要となる「話し方」をスタジアムアナウンサーとして活躍するプロに教えていただきます。
 言葉だけでなく、マイクの持ち方、立ち姿、話し方、基礎発声法、自己紹介法、クッションなどのテクニックを学び、トーク、プレゼンテーション、コミュニケーションスキルの向上につなげましょう。
 また、好きなこと、特技を生かして起業し、アナウンサーの派遣・養成事業に取組む会社を運営する講師に、経営者としてコロナ禍を乗り越える心構えを語っていただきます。

【日 時】令和4年9月9日(金)14時~16時(開場13時30分)
【場 所】津山東公民館(津山市川崎796‐2)
【定 員】40名(申し込みが必要。添付のチラシ裏面、もしくは記載の二次元バーコードをご利用ください)
【参加費】無料
【講 師】藤生 恭子さん(
株式会社Baseball Planning代表取締役)
兵庫県伊丹市出身。常総学院高校から駒沢大学に進学。大学時代は野球部マネージャーを務める。卒業後は、日刊スポーツ新聞社に就職。ラジオパーソナリティーに転職した後、四国アイランドリーグ・高知ファイティングドッグス球団職員兼アナウンサーとして勤務。2008年にはオリックス・バファローズの専属場内アナウンサーに。魅力的な声が話題になる。実力のあるアナウンサーを養成し、活躍の場を広げたいという想いから、「BaseballPlanning」を設立。野球だけでなく、イベントの司会、ナレーション、アナウンスセミナーなどを手掛ける。テレビ出演多数。

チラシはこちら[2,837KB PDFファイル]