• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市不妊治療支援事業について

 津山市では、一般不妊治療(タイミング法や人工授精など)や特定不妊治療(体外受精や顕微授精)を受けられたご夫婦に対し、経済的負担の軽減を図るため、その治療費の一部を助成します。

一般不妊治療支援事業

対象となる治療
タイミング法や人工授精をはじめとする一般不妊治療(体外受精及び顕微授精を目的とした薬物療法及び手術療法を除く治療)
 
助成対象者
1、法律上の婚姻をしているご夫婦であり、かつ、ご夫婦いずれか一方が申請日現在、津山市に1年以上住所を有し、医療機関において不妊症と診断され、治療の必要があると認められた方。
2、夫及び妻の前年の所得(1月から5月までの申請については前々年の所得)の合計額が730万円未満であること。
3、助成金の交付を受けようとする一般不妊治療に要する費用について、他の地方公共団体から助成金の交付を受けていないこと。
 
助成内容
・対象者が負担した本人負担額の2分の1以内の額(1,000円未満は切り捨て)とし、1年度当たり50,000円を限度とする。
・助成対象とする一般不妊治療の回数は、一対象者に対し3回限りとし、助成金の額は一対象者150,000円を限度とする。
 
申請時に必要なもの
・印鑑(スタンプ印不可)
・助成金の振込口座がわかるもの(申請者ご本人のもの)
 
申請時に必要な書類
1、一般不妊治療支援事業助成金交付申請書(様式第1号)[59KB PDFファイル]
2、一般不妊治療支援事業受診証明書(様式第2号)[47KB PDFファイル] ※事前に医療機関で記入してもらってください。医療機関に支払う文書料等は自己負担です。
3、戸籍謄本(原本) ※夫婦双方が外国人住民の方は、公的機関が発行した書類で市長が適当と認めるもの。
4、津山市一般不妊治療支援事業助成金請求書[36KB PDFファイル]
5、ご夫婦それぞれの最新の所得証明書(原本)ただし提出を省略することができる方については下記をご参照ください。
※提出を省略することができる方
・申請時期が2019年4月から5月で、2018年1月1日に津山市に住民登録がある場合は、2018年度の所得証明書(2017年中の所得)が省略できます。
・申請時期が2019年6月から2020年5月で、2019年1月1日に津山市に住民登録がある場合は、2019年度の所得証明書(2018年中の所得)が省略できます。
※所得証明書を提出される方は、以下の項目を参考にしてください。
・市町村役場で発行されたもの。源泉徴収票では受付できません
・「児童手当用」と同様式(児童手当法施行令に基づく各種所得控除内訳のあるもの
・所得がない場合にも所得証明書が必要です。
・所得証明書は前年所得の証明書ですが、1月から5月に申請される場合は、前々年所得の証明となります。
・1回の申請につき、毎回必要です。ただし、同一年度の2回目以降の申請であり、かつ、その際に添付することとなる所得証明書の内容が、前回の所得証明書の内容と同一であれば、2回目以降の申請時には添付を省略することができます。
・申請年度が違う場合は、所得証明書をそれぞれの年度で添付する必要があります。

 

特定不妊治療治療支援事業

助成対象者

1、岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業の助成を受けているご夫婦
2、法律上の婚姻をしているご夫婦であり、かつ、ご夫婦いずれか一方が申請日現在、津山市に1年以上住所を有する方
3、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)以外の治療法では妊娠の見込みがないか、又は極めて少ないと医師に診断されている方

助成内容

・医療機関の領収金額(受診証明書に記載されている金額)から岡山県の助成額を引いた金額の2分の1以内(平成28年4月1日以降に治療終了した方 1,000円未満は切り捨て)で、1回の治療につき10万円を限度
・特定不妊治療の一環として、精巣または精巣上体から直接精子を採取する治療(いわゆるTESE、MESA等)を行った場合には15万円を上限として助成額を上乗せ
・夫婦1組につき最大6回まで助成

申請時に必要なもの

・印鑑(スタンプ印不可)
・成金の振込口座がわかるもの(申請者ご本人のもの)

申請時に必要な書類

1、不妊治療支援事業助成金交付申請書(様式1号)[52KB PDFファイル]
2、
不妊治療支援事業受診証明書(様式2号) 事前に医療機関で記入してもらって下さい。医療機関へ支払う文書料等は自己負担です。[54KB PDFファイル]
3、津山市不妊治療支援事業助成金請求書[37KB PDFファイル]
4、岡山県不妊に悩む方への特定治療支援事業 承認決定通知書(写)

受付期間等

・申請の受付期間は、治療費の支払いが終了した年度末(3月31日まで)
・申請は、必ず受付期間内に行ってください。受付期間を過ぎると申請ができなくなりますので、治療費の支払い終了後は、すみやかに手続きをお願いします。
・3月31日が閉庁日の場合は、3月の最終閉庁日までが受付期間になります。
・ただし、3月15日から31日までに治療費の支払いを終了した場合は、翌年度の4月30日まで申請することができます。その場合は、申請を受理した日の属する年度分の申請として助成します。4月30日が閉庁日の場合は、4月の最終閉庁日が受付期間となります。
・他の市町村から同種の助成金を受けている場合は、申請できません。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課
  • 直通電話0868-32-2069
  • ファックス0868-32-2161
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールkenkou@city.tsuyama.lg.jp