• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市地域づくり応援事業

 平成31年度津山市地域づくり応援事業の取組み地域募集中 
  募集期間:平成31年4月1日(月曜日)から令和元年5月31日(金曜日)

<実施要項>
津山市地域づくり応援事業実施要項[94KB PDFファイル]
<応募用紙>
応募用紙(様式第1号・第2号)[162KB Wordファイル]

申請書類[18KB Wordファイル]
収支予算書(任意様式)[10KB Wordファイル]

<応募用紙記入例>
申請書記入例[31KB Wordファイル]
 
1 事業の目的

  “地域づくり応援事業”とは、高齢化や少子化が進み、近い将来、集落や町内会機能の維持や住民の日常生活に支障が出てくることが予測される地域を、地域住民の方々によって地域の課題解決、活性化等の先導的な取り組みを市や支援団体等と地域の組織(地域運営組織)が協働して行い、住民生活の向上を図る団体です。市は”連合町内会支部”が地域の課題解決に向けて取り組む事業について、予算の範囲内で補助金を交付しています。
 

2 対象地域と事業内容 

■第 I 期(初動期支援)事業の内容と要件
2.1 対象となる地域
(1) 対象地域
  連合町内会支部
(2) 地域運営組織(住民自治協議会)の範囲
      津山市連合町内会の支部の範囲
(3) 地域運営組織(住民自治協議会)の構成
      該当地域の団体、個人で構成されていること
(4) まちづくりに対する意欲
      自らの地域を自らの手でつくっていく意欲を住民が十分持っていること

2.2 事業内容
(1) 実施体制と支援体制の整備
    実施地域の住民による住民自治協議会の結成。市、支援団体等による支援体制を整備する
(2) 地域の現状と課題の把握
        実施地域の各集落や町内会で行われている共同作業、行事等の活動内容(開催時期、参集範囲等)や日常生活等
   について実態を把握し、意向調査等を行うことにより住民の合意形成を図る。
           1 現状の把握(実施地域の実態、各集落の活動状況等)
           2 住民の意向の把握(住民アンケート、ワークショップ、聞き取り等)
           3 集落機能の現状と課題整理
(3) 集落機能再編・地域再生計画の策定等
        集落や町内会機能の現状と課題整理の結果を踏まえ、集落機能再編・強化及び活性化等についての計画を
   策定し、できることから試行的活動を行う。
           1. 地域振興計画の策定
                持続可能な地域運営組織のあり方、中・長期的な集落や町内会のあり方、地域の農林地管理のあり方や
      活性化の方策などのほか、医療・福祉、安全・安心への対応、地域交通の確保、小地域ケア会議及び
      自主防災組織の事業内容、地域課題への対応策等についてまとめた計画を策定する。
      ついてまとめた計画を策定する。
           2.活動の実施
                地域振興計画に基づいた活動の実施。試行的取組みなどを通じて有効な実施方法の検討などを行う。
(4) 補助交付額
   25万円以内/年、募集数:1地域程度
    ※最長3年度(ただし、毎年度予算の成立を条件とし、津山市補助金等交付規則が適用される)


■第 II 期(発展期支援)事業の内容と要件
2-3 対象となる地域要件等
(1) 第 I 期(初動期支援)事業を実施した支部
(2) 地域振興計画等を公開し、支部内で共有されていること
(3) 地域運営組織内で事業の目的や課題を共有し、地域課題の解決に向けた取り組みを推進すること
(4) コミュニティビジネスなどによる地域経営を試行または実践すること

2-4 内容
(1) 第 I 期(初動期支援)事業を実施した支部において、地域振興計画等に基づき、多様な主体が参加する地域運営組織で目的や
  課題を共有し、コミュニティビジネスなどを試行または実践し地域経営を行います。
(2) 補助交付額
        100万円以内/年
    ※最長3年度(ただし、毎年度予算の成立を条件とし、津山市補助金等交付規則が適用されます)

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 地域づくり推進室