• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

平成30年7月豪雨津山市災害義援金の配分について

 

1、災害義援金の内容


 平成30年7月豪雨により、住家が被災された世帯に対して、市内をはじめ全国の皆様から寄せられた義援金を、津山市災害義援金配分委員会において決定した基準により配分します。

※お預かりした義援金は、その全額を被災者の皆様にお届けします。

 

 

2、配分対象及び配分額


 災害義援金の対象及び申請者は、平成30年7月豪雨により被災した津山市内の住家にその当時居住していた世帯の世帯主です。

        被害区分 配分金額                         被害区分の要件
市5次配分まで 市6次配分 合計
全壊 177万円 15万円 192万円


市発行のり災証明書の区分と同一                                    
半壊 126万円 7万5千円 133万5千円
一部損壊 16万8千円 1万円 17万8千円
床上浸水 84万円 5万円 89万円
床下浸水 1万5千円 1万5千円

※「世帯」とは「社会生活上の単位として、住宅及び生計を1つにするものの集まり」又は「独立して生計を維持する単身者」とします。住民登録上の「世帯」とは異なる場合があります。

  

3、問い合わせ窓口


   社会福祉事務所 災害義援金担当 
   〒708-8501 津山市山北520
   0868-32-2063

 

 注意事項

 
  1. 支給に当たっては、決定通知書等は送付しません。指定の口座への振り込みをもって、決定通知に代えさせていただきます。

  2. 支給前に、世帯の全員が亡くなられた場合は、配分対象となりません。

  3. 世帯主を変更した場合は、届出が必要になります。
  4. 今後、追加配分があった場合は、決定済みの被害区分に応じた額を、追加で振込みますので、追加配分に対する新たな申請は必要ありません。追加配分については、ホームページ等で随時公表しますので、ご確認ください。
  
 ご不明な点がありましたら、問い合わせ窓口へおたずねください。

 
  津山市災害特例見舞金の支給についてはこちら