• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

加茂地域の文化・歴史

 


加茂地域の文化・歴史


 

物見神社花祭り 物見神社花祭り 
 物見神社の秋祭りの主役は、3基の「花」。花は、高さ2.5の竹ざおを色紙で飾りつけた細竹や造花などで飾り付けたもので、傘の形をしている。御神事が終わると見物人が一斉に花を奪い合うシーンは壮観。これを持ち帰り五穀豊穣を祈り、魔除けにもする。期日は、10月下旬。
加茂神社 加茂神社 
 公郷菊水山にある公郷の氏神様。崇道天皇を祀っていることで知られる。裏山からは、秋草双雀鏡(町指定重要文化財)が出土しているが、これは平安時代の典型的な鏡と推定されている。
歴史民俗資料館

歴史民俗資料館 
 長い歴史を持つ加茂地域の先人たちの生活文化を理解し、後世に伝えるために、平成元年に開設。町内の出土品他貴重な遺跡、資料が多数展示されている。(タタラ製鉄、万燈山古墳、民具などもある。)入館無料。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 加茂支所産業建設課
  • 直通電話0868-32-7034(産業) 0868-32-7035(建設)
  • ファックス0868-42-2224
  • 〒709-3905岡山県津山市加茂町塔中104
  • Eメールka-sangyou@city.tsuyama.lg.jp