• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市奨学金

令和3年度の津山市奨学生の申込受付期間は、令和3年3月8日(月曜日)から4月16日(金曜日)です。

 申込書類は、令和3年3月8日から次世代育成課の窓口にて配布します。
 申込を希望する方は、事前に次世代育成課まで電話連絡の上、窓口まで書類を取りに来てください。


 【窓口】津山市教育委員会 次世代育成課(津山市役所 本庁舎内)
 【電話番号】0868-32-2009
 

津山市奨学金

 津山市奨学事業を実施しています。この制度には、定住対策として奨学金の一部返還免除制度があります。

1.奨学生について
 1)高校生
  (高校並びに高等専門学校に進学または在学している方。ただし、高等専門学校の4年・5年は大学生等とみなします)
 2)大学生等
  (大学・短期大学・専修学校専門課程・高等学校専攻科に進学または在学している方)
 
2.貸与月額 
 1)高校生   14,000円 
 2)大学生等  30,000円
 
3.選考要件
 1)成績  各科目5段階評価の平均3.5程度以上であること
 2)収入限度額目安  収入源一人で4人世帯、給与収入が705万円以内程度であること
 給与以外の所得者は収入が319万円以内程度であること
   ※上記の収入限度額は、あくまでも目安です。各家庭の状況を踏まえて審査します。
 
4.提出書類

 1)奨学金交付申請書兼奨学生調書(所定様式あり※)
 2)出身高等学校または在学する学校の成績証明書(高校生の場合は、出身中学校)
 3)住民票謄本(世帯全員)
 4)在学証明書
 5)健康診断書
 6)学資負担者の属する世帯全員の令和2年中の所得がわかるもの
   (源泉徴収票の写しまたは確定申告書の写し)
 7)世帯全員の市税等の納税証明書(完納証明)(所定様式あり※)
※所定様式は、次世代育成課(津山市役所本庁舎)でお受け取りください。

5.返還方法
 卒業の月の6カ月後から無利子で貸与月額の半額を毎月返還する
【例】大学生の場合:毎月30,000円を4年貸付・・・・1カ月15,000円を8年間で返還
 
6.奨学金の一部返還免除制度について
 1)この制度の適用を受けるためには、返還期間中、毎年、年度当初に申請が必要です。また、市税等の滞納がない場合に限ります
 2)返還する期間に津山市に住所を置き、原則として津山圏域(津山市、奈義町、勝央町、鏡野町、久米南町、美咲町)に就業している方

 【例】大学生の場合:年度で180,000円返還(1ヶ月15,000円返還)のうち、3分の1を免除(年度で60,000円免除)

【注意事項】
 1)奨学金の貸与にあたっては、3カ月分をまとめて、それぞれ、5月、8月、11月、2月に指定口座に振込みます。なお、留年や退学等があった場合は、奨学金を停止します。また、奨学金が必要でなくなった場合は、奨学金を辞退することができます
 2)津山市奨学金制度と磯野計記念奨学金制度との併願は可能ですが、併給はありません
 3)その他の奨学金との併給は可能です
 4)ご不明な点は、次世代育成課にお問い合わせください
教育委員会 次世代育成課
  • 直通電話0868-32-2009(健全育成係) 0868-32-2120(青少年育成センター)
  • ファックス0868-32-2157
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所2階
  • Eメールjisedaiikusei@city.tsuyama.lg.jp