• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

曲水の宴 俳句会


【曲水の宴 俳句会】
 平成8年4月1日、第3回西東三鬼賞の関連事業として曲水の宴俳句会は開催されました。それ以来、毎年開催され、津山の春の風物詩としてすっかり定着しています。
 曲水の起点から巫女姿の女性が朱色の大杯を流し、投句者は俳句を書いた句箋を大杯へ載せていき、大杯は曲水を一周します。
 そのあと、園内の迎賓館で選者による特選句、入選句の発表と講評が行われます。
 曲水の宴の選者は、西東三鬼賞選考委員である茨木和生先生、寺井谷子先生、久保純夫先生の3人です。どなたでも参加していただける俳句会となっています。


 

令和2年度 曲水の宴について

 令和3年4月3日(土曜日)に開催を予定しておりました曲水の宴は、
 新型コロナウイルスの感染拡大を鑑み、中止とさせていただきます。
 楽しみにされていた皆様には、誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承ください。

 
 

 

 

曲水の宴 風景

巫女姿の女性が流す大杯に、参加者の方々が句箋を載せていきます。

 




選者による選考の後、衆楽園内の迎賓館にて、結果の発表と選者の講評、そして入選者に記念品の授与を行います。

この情報に関する問い合わせ先

津山市産業文化部 文化課
  • 直通電話0868-32-2121
  • ファックス0868-32-2154
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールbunka@city.tsuyama.lg.jp