• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

高齢者虐待防止

概 要

 高齢者虐待の早期発見、早期対応を図るとともに、家族、親族など、高齢者の養護者の支援を行い、負担軽減を図るため、平成18年4月に「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律(高齢者虐待防止法)」が施行されました。
 この法律では、高齢者虐待の定義、早期発見、通報等を受けた場合の措置等が規定されており、津山市では、地域包括支援センター等関係機関と連携してこれらに取り組みます。

 

高齢者虐待とは

 65歳以上の人に対する「家庭での養護者」又は「養介護施設等従事者」が行う次のような行為が虐待にあたります。

  1. 身体的虐待(暴行)
  2. 介護・世話の放棄・放任(ネグレクト)
  3. 心理的虐待(暴言や著しい拒絶的反応等の著しい心理的外傷を与える言動)
  4. 性的虐待(わいせつな行為)
  5. 経済的虐待(財産の不当処分、不当に財産上の利益を得ること)
  • 家庭での養護者
    高齢者を現に養護している家族、親族、同居人等
  • 養介護施設等従事者
    介護保険施設等の入所施設、介護保険居宅サービス事業者、老人福祉法や介護保険法で規定されている高齢者向けの福祉・介護サービスに従事する職員
 

高齢者虐待を防止するために

 高齢者虐待防止法では、高齢者の虐待に気づいた人は、市町村に通報する義務があると規定されています。また、早めに対処することが、深刻な事態を防止するうえで重要となります。「これは虐待ではないか」と思われる状況を見たり、聞いたりしたときは、ためらわずに相談・通報してください。
(このような相談・通報は個人情報の漏洩にはあたりません。また、相談・通報の秘密は守られます。)

相談・通報窓口

  津山市 環境福祉部 社会福祉事務所 高齢介護課(高齢福祉担当) 電話 0868-32-2066
 
  津山市地域包括支援センター 電話 0868-23-1004 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 社会福祉事務所 高齢介護課(高齢福祉担当)
  • 直通電話0868-32-2066
  • ファックス0868-32-2153
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520  市役所1階 11番窓口
  • Eメールkaigo@city.tsuyama.lg.jp