• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

サンタフェ市の紹介


サンタフェ市の紹介

Japanese / English
 


 
サンタフェ市は、アメリカ合衆国ニューメキシコ州の北部に位置する州都で、人口約6.9万人、面積107.7k㎡の都市である。標高は約2100メートルという高地。気候は温暖で乾燥しており、年間300日が日照日である。しかし、冬には山麓に雪が積もり、スキー場がオープンする。1607年に発見されたサンタフェは、 1610年にスペイン領「ニューメキシコ王国」の首都となり、1912年ニューメキシコ州が合衆国に編入されたのに伴い、合衆国ニューメキシコ州の州都となった。

 



1609年から翌年にかけて建設された総督邸は、現在も使用されている合衆国最古の公共建築物である。州都のためか、労働者の約4分の1が公務員である。 もともプエブロ・インディアンが居住しており、サンタフェは南西部文化のメッカである。芸術や観光、科学産業が盛んで、ニューヨークやロサンゼルスに次ぐ全米第3位の芸術市場と言われている。

 

 
街には無数の美術工芸店や約200の画廊、そして8つの博物館があり、全国レベルや国際レベルの芸術家が訪れるとともに数多く住んでいる。サンタフェ・オペラ、サンタフェ室内楽フェスティバル、インディアン・スパニッシュ・マーケットなど音楽、演劇、ダンスなど多様な文化芸術が豊かに花開いている。 
 



津山市とサンタフェ市は、平成3年に交流をスタートし、文化芸術交流だけでなく、サンタフェの学校や、サンタフェJIN(※)との市民交流を相互に続け、津山市からは、延べ500人以上がサンタフェを訪問しています。


 


※サンタフェJINとは
 

サンタフェJINは、サンタフェで日本文化を推進する目的で結成されたサンタフェの日本文化交流団体です。毎年様々にイベントや祭りを通じ日本文化を紹介しています。
 

サンタフェJIN ホームページ
 


○サンタフェ市ホームページ(英語)


 
 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 地域づくり推進室