• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市骨髄移植後等の予防接種再接種費用助成のお知らせ

  津山市では骨髄移植後等の予防接種再接種に要する費用の一部又は全部に対し、
 予算の範囲内において助成を行っています。


 骨髄移植手術その他の理由により接種を受けた予防接種法に基づく定期の予防接種の予防効果が
期待できないと医師に判断された人が、任意で再度の予防接種を受ける際の経済的負担の軽減と定
期予防接種による予防効果が期待できない人を減少させることで、疾病の発生及びまん延の予防を
図ります。

 

助成対象者

 助成の対象者は、次の要件にいずれも該当する人、又はその保護者
  ⑴骨髄移植手術その他の理由により、接種を受けた定期予防接種の予防効果が期待できないと
   医師に判断されている人
  ⑵助成対象予防接種の接種日において、市内に住所を有する20歳未満の人
  ⑶接種を受けた定期予防接種の接種回数及び接種間隔が実施規則に定める当該定期予防接種
   の接種回数及び接種間隔の規定に違反していない人

 

助成対象となる予防接種

 助成金の交付を受けることができる予防接種は、次の要件にいずれも該当するもの
  ⑴当該予防接種が予防接種法第2条第2項に規定するA類疾病に係る予防接種であること
  ⑵当該予防接種に使用するワクチンが予防接種実施規則に規定するワクチンであること
   (BCG及びロタリックス及びロタテックを除く)
   ・B型肝炎 ・ヒブ ・小児用肺炎球菌 ・四種混合 ・二種混合
   ・MR混合 ・水痘 ・日本脳炎 ・子宮頸がん

 

助成額

 助成対象となる予防接種について、令和3年10月1日以降に再接種した費用
 (ただし、助成対象者が負担した費用と、津山市の予防接種業務委託料のいずれか低い額)

 

助成交付申請

 助成金の交付を受けようとする人が、再接種を受けた後、次の書類を提出
  ⑴骨髄移植後等の予防接種再接種費用助成交付申請書兼請求書(様式1号)
    
申請書兼請求書(様式1号)[39KB Word] 
  ⑵予防接種を行った医療機関の領収書原本(再接種の種類及び自己負担額が確認できるもの)
  ⑶医師による意見書(様式第2号)
    意見書(様式2号)[34KB Word] 
   (接種を受けた定期予防接種の予防効果が期待できない旨、医師の記載を要する)
  ⑷母子健康手帳、予防接種済証その他該当再接種に対応する既に受けた予防接種歴を確認する
   ことができる書類
 

申請期間

 申請することができる期間は、再接種を受けた日から1年以内 


 

詳しくはこちらをご覧下さい

 津山市骨髄移植後等の予防接種再接種費用助成のお知らせのチラシ[104KB PDFファイル]
 津山市骨髄移植後等の予防接種再接種費用助成金交付要綱[71KB PDFファイル]



 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課
  • 直通電話0868-32-2069
  • ファックス0868-32-2161
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールkenkou@city.tsuyama.lg.jp