• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

こころの健康について

  新型コロナウイルス感染症の長期化により、仕事や生活にさまざまな影響が生じ、ストレスが溜まっていませんか?
ストレスは、自分でも気が付かないうちに蓄積し、こころの健康に影響を与えることがあります。ストレスの原因はさまざまであり、感じるストレスの大きさも人によって違います。
自分自身のこころの健康を見つめ直し、心も体も元気に過ごしましょう。

新型コロナウイルス感染症は新たなストレスの要因

感染予防のための新しい生活様式や、自分や家族の感染への不安は、ストレスの要因になり、こころの健康に影響を及ぼします。
新しい生活様式を取り入れるなかで、実は無意識に我慢していることがあるかもしれません。
ストレスと上手に付き合うことが大切です。

【こころの状態をチェック】
□ 毎日の生活に充実感がない
□ 自分が役に立つ人間だとは思えない                     
□ これまで楽しんでやれたことが楽しめなくなった
□ わけもなく疲れたような感じがする
□ 以前は楽にできたことが、今ではおっくうに感じられる

2つ以上当てはまる場合は、要注意です。
もし上記のような状態で、生活に支障が出ている場合には、かかりつけの医師に相談してください。

ストレスと上手に付き合う方法

早めにストレスに気づいて、ストレスを溜めないことが大切です。自分に合った対処方法を身につけて、上手にストレスを解消しましょう。

ストレスと飲酒の関係

ストレスをお酒で解消していませんか?お酒はストレスや緊張を和らげるなど、上手に飲めば効用があります。
しかし、お酒に含まれるアルコールには依存性があり、習慣的に飲んでいると「アルコール依存症」になる危険性があります。

お酒の1日の適量を知り、楽しくお酒が飲めるように心がけましょう。

  • お酒の1日の適量
種類(アルコール度数) 男性 女性・高齢者
ビール(5%) 500ml
250ml
500ml缶の場合0.5缶
日本酒(15%) 1合(180ml) 0.5合(90ml)
焼酎(25%) 0.6合(108ml) 0.3合(54ml)
ワイン(12%) グラス2杯(250ml) グラス1杯(125ml)

厚生労働省
アルコールについて

相談窓口

誰にも相談できず、一人で抱えていませんか?不安や悩みを感じている方は、相談窓口を活用しましょう。

津山市健康増進課 ☎(0868)32-2069 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前30分から午後15
岡山県美作保健所 ☎(0868)23-0145 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
午前30分から午後15
岡山県精神保健福祉
センター
☎(086)201-0828 月曜日、水曜日、木曜日(祝日・年末年始を除く)
午前9時30分から午後12時午後1時から午後4時

相談窓口一覧(リーフレット)[244KB PDFファイル]

高齢者の方向け相談窓口一覧(リーフレット)[361KB PDFファイル]

厚生労働省
「まもろうよ こころ(電話相談、SNS相談)」
「こころの健康相談統一ダイヤル」
主な相談窓口一覧(令和4年2月1日現在)[1,177KB PDFファイル]

いのち支える津山市自殺対策計画はこちらからご覧ください

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課
  • 直通電話0868-32-2069
  • ファックス0868-32-2161
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールkenkou@city.tsuyama.lg.jp