• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

秋の農作業安全運動について

秋の農作業安全運動について

  現在、岡山県下において秋の農作業安全運動が実施されています。特に、8月20日から10月31日までを強化期間として定め、農作業安全を広く呼びかけているところです。
  秋の農繁期では、コンバイン等での作業が増えることから、農業機械による事故や水路等への転落事故に注意が必要です。
  身の回りの安全を確保し、安全第一を心掛けて、ゆとりをもった農作業に努めましょう。


 

気を付けるべきポイント

コンバインでの農作業
 コンバインの事故で最も多いのは、転落・転倒事故です。特に後進時に注意が必要です。
  ・畦畔や路面の凸凹等による転落・転倒に注意
  ・補助作業者はコンバインの死角での作業に注意

 巻き込まれ事故に注意しましょう。エンジン非停止が原因となることが多い点検整備・清掃中と手こぎ作業時に多く発生しています。
  ・点検整備・清掃中にはエンジンを必ず停止させる。
  ・手こぎ作業は適切な服装で、機体の内側に手を入れない。

熱中症に注意
 農作業中の熱中症事故が多発しています。「水分補給」と「暑さを避けること」に注意しましょう。
  ・喉が渇く前のこまめな水分補給
  ・こまめな涼しい場所での休憩
  ・体調不良時は無理をしない。
  ・気温が高い日や時間は作業をしない。
  ・帽子をかぶり、涼しい服装で作業する。
  ・なるべく二人以上で作業する。

水路等への転落事故に注意
 農道や水路等の境など危険な場所の「見える化」を行いましょう。
  ・境にポールを立てる。
  ・草刈りを行い見える状態にする。

 水路等の見回りには注意しましょう。
  ・大雨や強風時など危険な時は見回りに行かない。

携帯電話を持ち歩きましょう
  ・自宅近くの作業でも、万が一の事故に備えて、家を出るときは携帯電話を必ず持ち歩くようにしましょう。

 

対策のポイントをまとめた資料

啓発用チラシ(両面印刷してお使いください)[360KB PDFファイル]
令和3年農作業安全ポスター[1,618KB PDFファイル]

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 農業振興課
  • 直通電話0868-32-2079(農業振興係)  0868-32-2159(農地係)
  • ファックス0868-32-2093
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールnougyou@city.tsuyama.lg.jp