• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市過疎地域持続的発展市町村計画を策定しました

津山市過疎地域持続的発展市町村計画について

 過疎地域対策は、昭和45年に「過疎地域対策緊急措置法」が10年間の時限立法として制定されて以来、これまで4次にわたり、いわゆる「過疎法」が制定され、各種の対策が講じられてきました。
 令和3年4月1日に第5次となる「過疎地域持続的発展の支援に関する特別措置法(以下「新過疎法」という。」が施行されました。

 この新過疎法に基づき、本市では、過疎対策の基本方針や事業内容を定めた「過疎地域持続的発展市町村計画」を策定しました。

 今後は本計画に基づき、過疎対策事業債など必要に応じた財政上の支援措置を受けながら、地域の持続的発展に関する施策を総合的かつ計画的に推進していきます。

 津山市過疎地域持続的発展市町村計画(令和3年度~令和7年度)[571KB PDFファイル]

参考 過疎対策について

   ・総務省
   ・全国過疎地域連盟

 

過疎地域の持続的発展の支援に関する特別措置法(新過疎法)について

 新過疎法は、過疎地域に対して、総合的かつ計画的な対策を実施するために必要な特別措置を行うことにより、過疎地域の持続的発展を支援し、人材の確保及び育成、雇用機会の拡充、住民福祉の向上などに寄与することを目的としています。
 
 
本市は、引き続き加茂地域、阿波地域、久米地域が過疎地域に指定されています。

参考 過疎地域とは
 過疎法に定める過疎地域の要件等(「全国過疎地域連盟」のサイトにリンクします)

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 地域づくり推進室