• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

令和3年度から高齢受給者証と被保険者証が変わります

保険証と高齢受給者証が1つになります

70歳以上75歳未満の方に、これまで別々に交付していた「被保険者証」と、負担割合を示す「高齢受給者証」が令和3年8月から一体化し、「国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証」になります。

従来は医療機関などの受診の際に2枚必要でしたが、令和3年8月以降の受診に際しては、1枚のみの提示となり、利便性が向上します。

 

被保険者証の記載が一部変わります

令和3年8月1日以降の被保険者証には、医療機関での負担割合が記載されるようになります。

 

更新時期が8月に変わります

70歳以上の方の被保険者証と高齢受給者証の一体化に伴い、70歳未満の方も含め、被保険者証の更新時期が従来の10月から8月に変更となります。

このため、被保険者証と被保険者証兼高齢受給者証の有効期限は7月31日となります。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 医療保険課
  • 直通電話0868-32-2071(国民健康保険係) 0868-32-2073(高齢者医療係)
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールiryouhoken@city.tsuyama.lg.jp