• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

布滝(のんたき)・白髪滝(しらがたき)・大滝(おおたき) ~阿波森林公園内~

【布滝(のんたき)】
 黒岩高原一帯の水を集めて落合渓谷に流れ落ちる滝。50メートルの高さから流れ落ちる様子が、白い布をさらしているように見えることから布滝(のんたき)との名前がある。滝つぼの周囲にはヤマボウシやカエデが多く、新緑と紅葉の季節には美しさが際立つ。

 



 秋の紅葉の中の布滝(撮影日 令和2年10月30日)。

 秋の布滝を正面の遊歩道から撮影。撮影日は上記と同日。 

【白髪滝(しらがたき)】
 布滝への途中、落合川の支流の1つ黒ナメラ谷の一角に白髪滝(しらがたき)がある。白髪滝神社の鳥居をくぐると、正面の岩間を約15メートルの高さから老人の白髪のように幾条もの水が流れ落ちる。滝の周囲はトチやスギなどの巨木に囲まれ、車道近くにもかかわらず幽玄な雰囲気を持つ。





 秋の白髪滝(撮影日 令和2年10月30日 午後3時頃:木々の隙間から差し込む光で虹が見えた瞬間)。

【大滝(おおたき)】
 白髪滝から未舗装の林道をしばらく歩くと、玄武岩の柱状節理の一部を流れ落ちる大滝(おおたき)がある。高所にありながら滝幅は広く水量も多い。周囲に広がるイタヤカエデ、トチ、ミズナラなどの自然林とともに、訪れる人を迎えている。





 秋の大滝。遠景(撮影日 令和2年10月30日)

 秋の大滝。滝近くには色づいた樹木は少ないが、夏よりも柔らかい印象で柱状節理もよく見える。撮影日は上記と同日。

津山市阿波出張所付近から布滝・白髪滝・大滝への道[648KB PDFファイル]