• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

【市立小・中学校】新型コロナウイルス感染症に係る1学期中の対応について

新型コロナウイルス感染症に係る1学期中の対応について

 全国的な感染拡大の状況を踏まえ、次のとおり対応することとします。
  
1 教職員の感染症対策及び勤務について
(1) 教職員の健康管理・感染防止
 ・感染防止対策として、手洗い、うがい、マスク着用、検温を徹底すること。
 ・風邪の症状や発熱がある者、倦怠感や呼吸困難がある者は、出勤を見合わせる指示をすること。
 ・公私ともに教職員が不要不急の外出、県外へ出かけることを自粛させること。
  今後、やむを得ない事情により、緊急事態宣言が出されている地域へ出かけた教職員については、行動歴を聞き取るとともに、原則として、帰宅後2週間は自宅で過ごし、出勤させることのないようにすること
 (具体的な案件が出た場合は、学校教育課へ相談すること)
 ・学校長は、感染防止の観点から、教職員が時差出勤を希望する場合は、学校教育課へ相談すること。
    
(2)教職員の服務等
 ・学校長は、次に該当する場合、教職員に特別休暇を取得させることができる。
  ア 教職員又はその親族が感染症にかかっている可能性が疑われる場合、自宅から外出しないこと等、感染症の防止に必要な協力を求められた場合
  イ  教職員又はその親族に発熱等の風邪症状がみられること等から療養する必要があり、教職員が勤務しないことがやむを得ないと認められる場合
  ウ  感染症対策に伴う小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の臨時休業その他の事情により、子の世話を行うために勤務しないことがやむを得ないと認められる場合
 ・学校長は、教職員に感染症の症状はないが、当該職員が、感染が疑われる同僚職員と接触した場合において、それぞれ次に掲げる期間について、校務の運営に支障のない範囲内で職務専念義務免除を行うことができる。
  ア 同僚職員等が医師から感染症の検査の指示を受けてから検査結果が判明するまでの期間
  イ 同僚職員等が感染症の検査の結果、陽性であった場合は、(2)アに引き続き必要と  認める期間(原則として、保健所や医療機関等から自宅での安静を指示された期間)
 ・感染症が、公務または通勤に起因して発症したものであると認められるときは、公務災害補償又は通勤災害補償の対象となることに留意すること。
 ・不明な点があれば、学校教育課へ問い合わせること。
 
 
2 学校行事等の取り扱いについて
(1)学校行事等(PTA行事を含む)への対応
 1学期中に校内外で実施する予定の行事については、原則、中止または延期とする。
 ただし、少人数で行う家庭訪問、個別懇談等は、学校裁量とする。
 なお、つやまっ子・デビュー14(職場体験)は、今年度は中止とする。地域や各校の実態に応じて、代替の学習を計画すること。
(2)My Townつやまについて
 1学期中にバス利用を計画している学校は、延期又は中止とする。
 外部講師等の活用についても、延期又は中止とする。
 
 
3 教育実習、スクールフレンドの受入について
 1学期中の受け入れは行わない。
 
 
4 外部講師、地域学校協働活動における学習ボランティア等について
  外部講師等の意向を踏まえ、授業等の実施を検討する。授業等に入っていただく場合には、教職員と同様に、マスク着用、検温等、感染症対策を徹底する。

 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会 学校教育課
  • 直通電話0868-32-2116(就学事務係)  0868-32-2115(学力・徳育推進係)  0868-32-2114(家庭・地域連携係)
  • ファックス0868-32-2157
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールgakkyou@city.tsuyama.lg.jp