• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

第27回西東三鬼賞の選考結果について

 第27回西東三鬼賞には、国内外から4,405句(884組)のご応募をいただきました。多数の応募作品の中から厳正な審査を行った結果、各賞を決定しましたので、ここに発表いたします。
 
 《審査委員》 茨木 和生  寺井 谷子  久保 純夫
 

【大賞・西東三鬼賞】 1句
 
 その白が欲しとつかめば蝶の死ぬ 千葉県 石橋 徹生
 

【秀 逸】 10句(受付順)
 
 降りしきる花の津山を発ちにけり 愛知県 小川 弘
 退屈な方へ貌出すかいつぶり 福岡県 山本 則男
 降り注ぐ雨や鶏頭恐ろしき 愛知県 廣島 佑亮
 立冬のナイフはフォークより孤独 徳島県 松尾 初夏
 粗方は食へる野の物敗戦日 秋田県 池田 崇
 みどりの日とや匍匐前進する赤子 岡山県 畑 毅
 麗かや古稀のリュックにカレーパン 東京都 飛行船
 蟻逃げるアレクサンドロスは無事か 兵庫県 河内 壮月
 秋の川横顔ばかり流れくる 京都府 原 知子
 六法の一は憲法鷹渡る 千葉県 坂本 茉莉

【入 選】 30句(受付順)
    
 神仏のいないむかしの山眠る 岡山県 妹尾 武志
 嘘つくは難しきこと三鬼の忌 東京都 津田 
 くらがりにからすびしやくのぼうとたつ 埼玉県 鈴木 良二
 半身は少年の骨さくら貝 神奈川県 島 さくら
 蔓引いて有耶無耶を身に抱え込む 千葉県 和田 満水
 黒髪の火の匂ひしてからすうり 大阪府 北芝 ゆう子
 日本を覆ふブルーシートかな 岡山県 浅沼 利郎
 腸の無き鶴増やし八月来 岡山県 髙村 蔦青
 戦争を詠めば三橋敏雄かな 島根県 小川 蝸歩
 ふいに鳴る瓦礫の山のオルゴール 愛知県 神谷 一桑
 兄いまだ星降る村を捨て切れず 愛知県 田中の小径
 生国は三鬼と同じ初桜 岡山県 妹尾 武志
 三鬼の忌貨客船より車出づ 東京都 圡居ノ内 寛子
 濁流を貌上げてゆく案山子かな 千葉県 浪岡 玄
 黙祷と言ったはず蝉鳴きやまず 東京都 今野 龍二
 振り上げて山より高き春の鍬 神奈川県 吉田 篤子
 麻酔科の小瓶のなかの枯野かな 東京都 瀬川 紅司
 西東忌岡山経由津山行 岡山県 笠岡 豪
 正面を見ること大事三鬼の忌 群馬県 川浦 克井
 兜太逝き狐火走る秩父かな 神奈川県 由田 欣一
 冴返る棺の寸の手術台 大阪府 清岡 千恵子
 未来汚したこの星に虫と居る 福島県 いらくさ
 風呂吹に息継ぐ国の老いにけり 京都府 宇野 恭子
 水鉄砲誰も傷つけぬ退屈 岡山県 彼方 ひらく
 令和来る蚕のやうな香を放ち 熊本県 大木 歌子
 地球なほ後ろの正面原爆忌 熊本県 大木 歌子
 過去未来今を収めて冷蔵庫 大阪府 山本 左門
 着ぶくれて夜汽車に咀嚼されてをり 宮崎県 森山 栄子
 鶏小屋を毛布で覆ひやりにけり 兵庫県 西本 真里
 ふくろふ来にんげん飽きたら替はろかと 岩手県 岩渕 正力

この情報に関する問い合わせ先

津山市産業文化部 文化課
  • 直通電話0868-32-2121
  • ファックス0868-32-2154
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールbunka@city.tsuyama.lg.jp