• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市城東 重要伝統的建造物群保存地区について

保存地区の概要


(1)名称:津山市城東伝統的建造物群保存地区
(2)所在地:岡山県津山市橋本町、林田町、勝間田町、中之町、西新町及び東新町の各一部
(3)面積:約8.1ヘクタール
(4)選定年月日:平成25年8月7日
(5)選定基準:(一)伝統的建造物群が全体として意匠的に優秀なもの
(6)種別:商家町

 

城東地区の沿革

津山城下町の城東地区
 津山城下町の形成は、慶長8年(1603)に森忠政が18万6500石の大名として入封し、津山盆地の中央部、鶴山の地に津山城を築城したことに始まります。
城東地区はその名のとおり、城の東側を南北に流れる宮川の左岸地区の城下町を指し、北の丹後山の丘陵から南の吉井川にいたる緩斜面の北側に社寺及び武家値、南の低地側を東西方向に流れる吉井川の北岸に、川と並行してのびる出雲街道沿いに町人地が形成されました。
宮川にかかる大橋から東方向へ橋本町・林田町・勝間田町の3町がまず成立し、やや遅れて東側に中之町・西新町・東新町へと城下町が拡大しました。
商家町として江戸期を通じて繁栄した城東地区は、明治以降も高瀬舟による物資の集積地として賑わいました。
城東地区の町割りは森忠正によるものであり、400年が経過した現在も江戸初期以来の商家・敷地割をよく残すため、平成25年8月7日重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。
 
城東地区の町並み
城東地区の町家景観で特筆されるのは、町家の表側の壁が出雲街道両側の側溝ぎりぎりに建てられるのが通例とされるため、おのずと一階庇の位置が隣同士でよく揃っています。「庇が長く連続する景観」は、他の地域には見られない城東地区の特徴といえます。
 

まちづくりのルールと助成制度

伝建地区のルール
伝建地区では、伝統的な建築物や町並みを一体的に保存し、整備していくためのルールがあります。
 
申請と許可

保存地区内のすべての建築物等において、現況を変える行為を行う場合は、あらかじめ市の許可が必要です。

許可を必要とする行為

(1)建築物の新築、増築、改築、取壊、修繕などをする場合。(特定物件の取壊しはできません)
(2)建築物、工作物の修繕(修理)で外観や色を変える場合
(3)新たに屋外に設備機器を設置する場合。(エアコン室外機、テレビアンテナ等)
(4)新たに看板を設置する場合。
(5)敷地を造成する場合
(6)木や竹を伐採する場合(枝打ちは申請不要)

伝統的建造物(特定物件)
保存地区内の建造物は「伝統的建造物(特定物件)」と「伝統的建造物以外の建造物(一般物件)の2つに大きく分けられ、許可基準や助成内容などの
取扱いが異なります。「特定物件」の決定は所有者の同意を得ています。
保存すべき価値がある物件でも、所有者の同意が得られていない場合は「特定物件」として扱うことができません。
 
修理基準・修景基準・許可基準
保存地区において、建築物等を修理したり建替える場合、まちなみの価値を高めるために一定の基準に基づいて行う必要があります。
基準は「修理基準」「修景基準」「許可基準」の3つの基準があります。「修理基準」は伝統的建造物(特定物件)の及び環境物件に適用されます。
「修景基準」「許可基準」は伝統的建造物以外の建造物に適用されます。
「修理基準」「修景基準」は補助の対象となる基準です。
「許可基準」は最低限守っていただくルールで、保存地区内共通の基準となります。

 

補助制度の概要

保存地区内の建築行為で、その外観を修理基準または修景基準によって整備する場合、「津山市伝統的建造物群保存地区補助金交付要綱」に基づき、予算の範囲内で補助制度が適用されます。
補助対象は下記の内容で、設計監理経費および施工経費が該当します。なお、補助事業では、補助金事業の適正化を図るため、設計監理業務と施工業務を分けて行います。
詳しくはお問合せください。
 
事業の種類 補助対象経費 補助率 補助限度額
伝統的建造物の修理(特定物件) 建築物(主屋・土蔵) 外観保存のための屋根、外壁等、および構造耐力上、必要な部分の修理にかかる経費(修理基準に基づく修理) 80% 1棟あたり800万円
その他の工作物 保存のために必要な修理にかかる経費 80% 1件あたり400万円
環境物件の復旧 樹木水路 復旧にかかる経費 80% 100万円
伝統的建造物以外の建造物の修景 建築物 屋根、外壁等の外観の修景にかかる経費(修景基準に基づく修景) 70% 350万円
その他工作物 外観の修景にかかる経費 70% 175万円

税の優遇措置として特定物件の家屋に係る固定資産税は免除されます。
また、市への固定資産税の減額の特例に関する措置が適用され、特定物件の敷地に係る固定資産税については2分の1、その他の敷地は5分の1軽減されます。
 

各種資料

 
津山市城東町並み保存の手引き(手続きガイドブック)[7,330KB PDFファイル]

津山市城東伝統的建造保存地区における建築基準法の制限の緩和に関する条例[50KB PDFファイル]
 

様式ダウンロード

      様式 ワード版
現状変更許可 
申請書
 現状変更許可申請書 [21KB Wordファイル]
 現状変更 完了届 [19KB Wordファイル]
 現状変更の添付書類について [94KB PDFファイル]
修理・修景補助金
申請書
 
(様式1号)交付申請書 [38KB Wordファイル]
(様式2号)事業計画書 [30KB Wordファイル]
(様式3号)収支計画書 [33KB Wordファイル]
(様式4号)変更承認申請 [37KB Wordファイル]
(様式5号)中止・廃止承認申請書 [32KB Wordファイル]
(様式6号)実績報告書 [35KB Wordファイル]
(様式7号)補助金請求書 [30KB Wordファイル]
 (様式)内訳書 [691KB Excelファイル]
 補助金の添付書類について [173KB PDFファイル]
 口座振替依頼書 [17KB Wordファイル]
建築基準法
緩和申請
 緩和申請書 [22KB Wordファイル]
 協議書 [31KB Wordファイル]
 緩和申請の添付書類 [131KB Wordファイル]


 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 歴史まちづくり推進室
  • 直通電話0868-32-7000
  • ファックス0868-32-2154
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールmachizukuri@city.tsuyama.lg.jp