• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

CKD(慢性腎臓病)を知っていますか?

成人の8人に1人がCKD!

CKD(慢性腎臓病)とは、様々な原因で、腎臓が障害されたり、腎機能が徐々に低下していく状態をいいます。
次の①、②のいずれか、または両方が3か月以上続く状態のことです。
①たんぱく尿が出るなどの腎臓の異常
②腎臓のはたらきを示すeGFR(推算糸球体ろ過量)が60ml/分/1.73㎡未満
 
現在、日本には約1,330万人のCKD患者がいるといわれています。これは、成人の約8人に1人にあたる数です。CKDは進行すると末期腎不全になり、人工透析や腎移植を受ける必要があります。また、CKDでは心臓病脳卒中などの心血管疾患にもなりやすいため、CKDを早期発見し進行を防ぐことが大切です。
 
肝腎かなめの“腎臓”
 
腎臓は、そらまめのような形をした握りこぶしくらいの大きさの臓器で、背中の腰あたりに2個あります。主なはたらきは5つあり、生きていく上でとても重要な臓器です。
 
①尿をつくる(1日150リットルの血液をろ過して、不必要な老廃物を尿として排出)
②血圧を調整する(血圧を調整するホルモンを分泌)
③血液をつくる(赤血球をつくるホルモンを分泌)
④体液量・イオンバランスを調整する(体内の水分や塩類などを一定に保つ)
⑤強い骨をつくる(ビタミンDの活性化)
 
尿検査(健診)受けていますか?腎臓のチェック!
 
CKDは尿検査(たんぱく尿)と血液検査(血清クレアチニン、eGFR)で発見できます。またCKDは重症にならないと自覚症状がでないことが特徴であり、糖尿病・高血圧・脂質異常などの生活習慣病は腎臓を痛める要因にもなります。1年に1回は特定健診を受け、腎機能やその他の数値の確認をしましょう。
津山市国保では、特定健診を受けられた方や人間ドックなどのデータ提供をした方について、腎機能を始め、糖尿病・高血圧・脂質異常などの数値を確認し、治療が必要な方へ通知を送っています。
 
腎機能の確認方法はこちら〈日本腎臓病協会ホームページにつながります〉

 
あなたの腎臓、本当に大丈夫?
 
◆血圧を測りましょう。(130/80mmHg未満)
◆血糖値はどうですか?(HbA1c値6.5%未満・治療中の方HbA1c値7.0%未満)
◆脂質(中性脂肪・コレステロール)はどうですか?
◆尿酸値はどうですか?(痛風の検査)
◆太りすぎ・やせすぎにならないようにしましょう。
◆適度な運動、身体活動をしましょう。
◆減塩をしましょう。(1日6g未満)
◆禁煙をしましょう。
◆必要な薬以外は飲まないようにしましょう。
◆ストレスをためないようにし、十分な睡眠、休養をとりましょう。
 
CKDをもっと知ろう!(毎年3月第2木曜日は世界腎臓デー)
 
毎年3月第2木曜日は世界腎臓デーです。
津山市では、CKDや生活習慣病などについて普及・啓発活動を行っています。
【令和4年度】
◆健康パネル展
令和4年10月4日~10月24日 津山市立図書館
令和5年3月予定 津山市役所1階市民ロビー

(健康パネル展 津山市立図書館)
  

◆懸垂幕掲出
令和5年3月予定 津山市役所東側

※健康つやま21ミニ講座
慢性腎臓病(CKD)について知りたい方は
①腎臓の働きと慢性腎臓病(CKD)について[PDFファイル]
②慢性腎不全について[PDFファイル]

慢性腎臓病(CKD)についての地域医療との連携

中外製薬株式会社雑誌”ARCH No.3”に津山市の取組みが掲載されました。

 津山市と中外製薬株式会社とは、津山市民の健康づくりの分野における取組みを相互に連携・協力して進めるため、平成31年2月1日に協定を締結しました。
【連携・協定事項】
(1)慢性腎臓病(CKD)に関する啓発
(2)ロコモティブシンドローム、骨粗鬆症に関する啓発
(3)上記疾患における市民公開講座等

 中外製薬株式会社”ARCH №3”令和元年9月11日取材「かかりつけ医と専門医の連携で誕生した美作CKDネットワークと行政が支え合うことで実現する地域医療構想」[876KB PDFファイル]

ロコモティブシンドロームについて知りたい方は
①体の健康づくりは足腰から[PDFファイル]
②ロコモティブシンドローム[PDFファイル]

この情報に関する問い合わせ先

津山市 医療保険課
  • 直通電話0868-32-2071(国民健康保険係) 0868-32-2073(高齢者医療係)
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールiryouhoken@city.tsuyama.lg.jp