• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市立西小学校

津山市立西小学校

 

所在地 お問い合わせ先

 ◆所在地 〒708-0006 津山市小田中1360

 ◆お問い合わせ先 電話0868-22-9194  FAX0868-22-9195

 ◆西小学校メール nishi@ed-tsuyama.jp

 ◆学校公式ホームページ  http://www.schoolweb.ne.jp/tsuyama/nishi-e/

 ◇通級指導教室(ことばと情緒の教室)電話・FAX0868-23-4661

 ◇通級指導教室メール  tuukyuu1@ed-tsuyama.jp

 

学区の様子

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

14

23

17

25

18

22

119

11

15

11

12

15

10

74

合計

25

38

28

37

33

32

193

学級数

1

1

1

2

1

1

7(11)

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (令和2年5月1日現在)
 

学区の様子

 本学区は、古くから交通の要衝(出雲街道)として開けた城西地区を中心に、旧市街地の西部に位置している。各町内の地名やたたずまいには、古い歴史を感じさせる城下町の面影が残っている。学校近くには徳守神社があり、さらに本源禅寺をはじめ多くのお寺が集まり、しっとりと落ち着いた町並みが形成されている。また、洋学等の学問を育む風土もある。産業道路の北部の丘陵地には新興住宅地が広がっているが、人口増の最盛期は過ぎ近年児童数は微減の傾向にある。
 また、本校は、「津山三校」のあった場所に設置され、津山市内中心部の歴史と伝統のある学校として今日に至っている。平成15年に「西小学区子どもを見守る会」が結成され、登下校の見守り活動や付き添い登校で、子どもたちの安全・安心な生活を支援して下さっている。連合町内会城西支部や老人クラブ等、地域の中に多くの人材が存在し、地域に学ぶふるさと教育への協力が得やすい環境にある。近年、城西まるごと博物館フェアや城西公民館祭り等、地域の掘り起こし活動も盛んである。

 

教育目標

 自ら学び たくましく生きる子どもを育てる
   ・学び合う子   ・思いやる子  ・たくましい子

 

指導の重点

 ◎学び合う授業を通して、主体的に学ぶ意欲を育てる。
 ◎お互いを認め、自分も友達も大切にする心を育てる。
 ◎自分で決めて行動し、最後までやりとげる力を育てる。

 

特色ある教育活動

【学力の向上】

   
   研究主題 「自ら学ぶ子の育成~どの子もわかる授業を目指して~」  

 本校では、令和元年度に「自ら学ぶ子の育成」をテーマに研究を進め、サブテーマを「学び合う授業を通して」とし、ペアやグループでの活動を取り入れた授業のありかたについて研究を行った。一人では解決が難しい課題でも、ペアやグループで考えを出し合うことで、課題から離れずに取り組むこともできるようになった児童の姿が見られた。
 学力については課題が多く、学年によっても差が見られる。学力のベースとなる基礎学力の定着や、それぞれの設問で何が問われ、どのように答えたらよいか理解できていない児童が多く、「言葉を通して的確に理解し、論理的に思考し表現する能力の育成」が本校の課題である。
 今年度は上記の研究テーマのもと、人とつながり合いながら、主体的に学ぶ児童を育てていきたい。

 

   
【豊かな心の育成】

 
 校内に生徒指導部を設け、生徒指導主事を中心に、積極的な生徒指導や人権集会等を工夫・充実させ笑顔あふれる元気な学校づくりをめざしている。生徒指導主事が中心となって組織的に諸問題に対応するシステムを構築していく。本校の課題である自己肯定感を上げるため、「グッドカード」の取組を前年度から進めている。今年度は委員会活動や縦割り班活動の活性化をし、特別活動に力を入れる。集会活動を年10単位時間設定し、児童の活躍できる場を設定している。また、教育活動全般を通じて、道徳教育を計画的に推進している。

 「あいさつで 笑顔いっぱい 西小っ子」のスローガンのもとで、児童会やPTA・地域と連携して、あいさつ運動に力を入れている。

 

 

【健康と体力作り】

 学校歯科医や食育センターの栄養教諭の協力を得ながら、歯みがきや食生活などの望ましい生活習慣の定着について、計画的に学習を行っている。自分の健康は自分で守る取組を進め、最後まで頑張る心と体力を育てていきたい。



 

 

【特別支援教育の充実】
 

 特別支援教育コーディネーターを中心として、課題を持つ児童のニーズに応じた特別支援教育を推進している。また、通級指導教室と連動した支援体制を確立している。さらに通級指導教室は、本校のみならず圏域の特別支援教育の拠点として、在籍校と連携を図りながら通級指導・教育相談・巡回指導を充実させている。

 

 

【通級指導教室(ことばと情緒の教室)】

 
 本校には小学部に3教室、幼児部に1教室の通級指導教室があり、北小学校通級指導教室と連携しながら、津山市と周辺に在住している普通学級に在籍していて、指導・支援が必要な子ども達のための通級指導を行っている。 

 

 
【家庭・地域との連携】

 毎月の学校便りの発行、教育相談の充実、学校評価の実施を通して風通しのよい学校づくりに努め、保護者やPTAと連携して学校課題の解決に取り組んでいる。地域人材を活用しながら地域に学び、ふるさとを誇りを思う心を育成するために、児童、職員の地域行事への参加も積極的に行い、城西まるごと博物館フェア等に関わっている。
 

 


 

 
 また、校外の安全対策として黄色のベストや帽子をシンボルとした「西小学区子どもを見守る会」の活動や、駆け込み110番のお願いもPTAが地域ごとに行っている。特に、見守りボランティアには地域の様々な立場の方々が参加し、児童の毎日の登下校を見守ってくださって、児童の安全・安心の確保に多大な貢献をしていただいている。
 

 
【保・幼・こ・小・中連携】

 
 地域の保育園や幼稚園、こども園と連携して、園児の学習発表会参観や交流体験、職員による情報交換を通じて、小1プロブレムを防ぐとともに、保・幼・こ・小の滑らかな接続をめざしている。また、中1ギャップの解消や学力向上・生徒指導の充実を図るため、津山西中・鶴山中学校ブロック共通の目標を定め各校が連携しながら具体的な取組(学力向上に向けて「家庭学習100%」「チャイム同時スタート」「学び合い」、落ち着いた学校生活をおくるために、「場面に合った言葉づかい」「きれいな教室環境」)などの取組を進めている。

 
 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会 学校教育課
  • 直通電話0868-32-2116(就学事務係)  0868-32-2115(学力・徳育推進係)  0868-32-2114(家庭・地域連携係)
  • ファックス0868-32-2157
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールgakkyou@city.tsuyama.lg.jp