• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市の奨学金制度について

津山市では、向学心を持ちながらも経済的理由により就学が困難な方に対して、奨学金の貸与を行っています。
 
1 奨学金制度の概要
 (1)奨学金の種類と概要  ※詳しくはそれぞれのページをご覧ください。
奨学金制度 貸与の対象者 定員 貸与月額
津山市奨学金
★返還減免制度あり
1 高校生
※高等学校(専攻科を除く)または高等専門学校(1から3年生まで)に在学する者
※通信制の課程は除く
3名 14,000円
2 大学生等
※大学、大学院、短期大学、高等専門学校(4・5年生および専攻科のみ)、専修学校(専門課程のみ)、高等学校(専攻科のみ)に在学する者
※通信による教育を行う学部及び研究科は除く。
7名 30,000円
磯野計記念奨学金 大学生
※高等学校(専攻科含む。通信制課程除く)を卒業し、大学(大学院、短期大学含む。通信による教育を行う学部及び研究科除く)に進学した者
1名 30,000円
 (2)応募資格
  ・本人又は保護者など学資負担者が本市に住所を有する方
  ・経済的理由により、就学が困難と認められる方
  ・学業・人物ともに優秀な方
  ・本人の属する世帯に市民税等の滞納がない方  

 (3)奨学金の貸与を決定する方法
 奨学生審査会で審査のうえ、貸与を決定します。審査は、成績の基準と世帯の所得の基準により行います。
 
2 貸与のしかた
 ・奨学金は、3か月分をまとめて、5月、8月、11月、2月に指定口座に振込みます。
 ・津山市奨学金と磯野計記念奨学金の併願は可能ですが、併給はしません。
 ・その他の奨学金との併給は可能です。
 
3 返還のしかた
 卒業の月の6ヵ月後から、毎月貸与月額の半額ずつを無利子で毎月返還していただきます。
 
4 返還額の減免制度
 「津山市奨学金」の場合、奨学金を返還する期間に津山市に住所を置き、津山圏域(津山市、奈義町、勝央町、鏡野町、久米南町、美咲町)の事業所に就業しているという条件を満たせば、返還額の3分の1の減免が受けられます。
 
5 申込の方法 ※申込期間は例年3月から4月中旬です。
 申込期間中に、必要書類を生涯学習課へ持参してください。(必要書式は生涯学習課窓口にて配布します。)


 
 この情報に関する問い合わせ先
  〒708-8501 津山市山北520 津山市東庁舎3階
  津山市教育委員会 生涯学習課(健全育成係)
  電話:0868‐32‐2009