• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

匠の技トライアルワーク

 
津山市「匠の技トライアルワーク」事業は、手仕事産業における熟練した技能を有する職人の指導のもと、津山市への移住希望者に、津山地域の希少で貴重な手仕事技術を習得してもらい、匠の技を継承する人材を育成する事業です。
  

1 対象者

 津山圏域(津山市・鏡野町・勝央町・奈義町・久米南町・美咲町)外に在住の方で津山市に定住する方
 

2 体験先と内容

体験先No.01 末田工業所 末田平 さん 職人歴40年   

  
    

 
  1. 製造しているもの
    各種袋物・ハンドバッグ
  2. 末田工業所の概要
    独自の皮革加工技術で高級皮革等を使った製品を製造している。
    ハンドバックの素材である皮革や布を知り尽くしており、特に皮革を熟知している。その技術により個々の素材の特性を活かしたフォルムを表現することができ、デザインがあればパターンから裁断・縫製・仕上げまで自社で一貫生産することが可能である。
    1つずつ、1つずつ、長い年月をかけ、1㎜ずつ良くしていく。手抜きをしない、ごまかさない、信頼されるモノづくり。 見えないところ、隠れているところにこそ職人の技術がある。頂上を目指して日々挑戦し続けてる。
    終戦後、地域にあった撚糸(ねんし)を利用して編み物を行い、袋物の製造をしていた。そこから革という素材に出会い、ハンドバッグ製造一筋に40年、高級皮革等を使った製品を製造している。
    技術を積み重ねて、いつか銀座の一流店で売ることを目標に挑戦し続けてきた。誰かに教わることもなく、独学で見よう見まねで行い、失敗が先生であった。
    見えない部分の技術を省かない、手抜きをしないことにより、独自の皮革加工技術で製造したハンドバッグが銀座の大手セレクトショップを始め全国の百貨店・デパート等一流店の店頭を飾るまでになっている。
     
  3. 体験者へのメッセージ
 試行錯誤を重ね完成した作品はわが子の様に感じています、早く会いたいという気持ちで、寝ることも忘れて制作に没頭することもしばしばです。自分が考え作ったものをお客様に選んでいただけることが一番の喜びであり、それがないと良いものは生まれないと思います。
「好きか嫌いか」ということだけです。経験は問いません。技術を習得し、継承していく強い意志がある人、ハンドバッグ製造に興味がある人を待っています。


 

3 もっと詳しく  

 ※ 詳しくは、津山市定住ポータルサイト『LIFE津山』をご覧ください。
 

4 申込み・問い合わせ先

 津山ぐらし移住サポートセンター
 〒708-0022 岡山県津山市山下92-1 雇用労働センター内
 受付時間:8時30分から17時15分まで
 電 話:0868-24-3787
 メール:iju@city.tsuyama.lg.jp