• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

電池から出火!?-電池を捨てる時に守ってもらうこと-

津山市でもごみ分別ルールが守られていない電池からの出火がありました!(平成29年4月21日付)

 津山圏域クリーンセンターで、「プラスチック容器包装」の指定ごみ袋に入っていたリチウムイオン電池が選別作業中に破損したことが原因と考えられる出火がありました。くすぶって煙が出て、発熱していた状況で、火災にはなりませんでしたが、重大な事故(火災)につながる恐れがありました。
 「プラスチック容器包装」の指定ごみ袋に「リチウムイオン電池」や乾電池を入れることは当然、違反です。
 以下の注意事項を守って、「資源ごみに出す」又は「リサイクル協力店へ持ち込む」によりに出してください。
 

電池の分別・リサイクルのお願い!

 電池の適切な廃棄・リサイクルが出来ていないことが原因と考えられる出火が各地で確認されています。

 (1)電極を絶縁していなかったことで、 出火!

 (2)リサイクルが必要な充電式電池(特にリチウムイオン電池)をごみとして出したことで 出火!

 重大な事故とならないよう以下のルールを守っていただきますようお願いいたします。

 <リチウムイオン電池等充電式電池の見本はこちら↓をご覧ください。>

 www.baj.or.jp/recycle/recycle04.html
 

I.乾電池 (※1) の捨て方

                       ※1:ボタン電池、9V電池なども含みます。
 

 (1)セロテープやビニールテープなどで電極(+極、-極)をおおってください。 
 (2)買換えの場合(新しい電池の購入時)、電器店で引き取ってもらえる場合があります。

         ※引き取りをされない店もあります。可能かどうかはそれぞれの店でご確認ください。
 (3)家庭で廃棄する場合は、透明な小袋に入れて、「資源ごみ(乾電池・蛍光灯・水銀式体温計)」として出してください。

 

 (問) どうして、セロテープやビニールテープなどで電極をおおうのですか?

 (答) セロテープやビニールテープなどで絶縁 しておかないと金属類やそのほかの複数の電池同士などが
    接触したときに ショート(短絡)して発火・出火する場合があります
    
重大な事故を引き起こす可能性がありますので、絶縁することを必ずお守りください。
    
廃棄用として小袋にためておくときにもビニールテープ等を貼って絶縁しておいてください。

   <ビニールテープなどで絶縁する見本はこちら↓をご覧ください。>
  
  「一般社団法人 電池工業会」の「処理方法とリサイクル」のページ

 (問) 資源ごみで出した乾電池はどうなりますか? 

 (答) 津山圏域クリーンセンターで集められた後、水銀の回収・リサイクルをするために、リサイクル業者に引き渡して処理をお願いしています。 

 

II.充電式電池はリサイクルが原則

<充電式電池のリサイクル方法(捨て方)>

 (1) セロテープやビニールテープなどで電極(+極、-極)をおおってください。
 (2)最寄の「リサイクル協力店」にお持ち込みください。

   ※最寄りのリサイクル協力店は、JBRCのホームページから検索できます。
    ⇒
www.jbrc-sys.com/brsp/a2A/itiran.G01

 

 (問) 充電式電池を見分ける方法はありますか?

 (答) 充電式電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池など)には、 リサイクルマーク がついています。

    ※リサイクルマークの見本⇒ 画像が表示されませんでした。画像が表示されませんでした。画像が表示されませんでした。

 

 (問) 気を付けることはありますか?

 (答1) 充電式電池は家電製品の一部にも使用されています。
    家電製品を廃棄する際には 充電式電池を必ず抜いてください
    
抜いた充電式電池は、上記のリサイクル方法に従い、最寄の「リサイクル協力店」にお持ち込みください。
    なお、家電製品の買換え時などは本体ごと回収してもらえる場合もあります。

 (答2)  充電式電池の中でも特に、 リチウムイオン電池は破損すると、出火し、火災となる場合があります
    
充電式電池はリサイクルが原則ですが、 特にリチウムイオン電池は「不燃ごみ」には絶対に入れないで下さい
    
リチウムイオン電池は携帯電話などにも使われていますが、携帯電話の電池はリサイクル協力店のほかに、
    それぞれの携帯電話会社のお店で回収していただけますので、そちらにお持込み下さい。
    (ちなみに携帯電話本体・付属品も回収していただけます。)

この情報に関する問い合わせ先

津山市 環境事業課
 直通電話0868-22-8255(業務係) 0868-22-8255(施設係) 0868-32-2203(3R推進係)
 ファックス0868-23-7055
 〒708-8501 岡山県津山市山北520
 Eメール gomizero@city.tsuyama.lg.jp