• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

自転車の安全利用促進について

 岡山県内では、自転車が関係する交通事故で、平成29年中に17名の尊い命が失われました。また、人身事故のうち、自転車の関係する事故は、全交通事故の16.4%と依然高い割合を占めています。
 自転車は便利で環境にも優しい乗り物ですが、車の仲間です。

 交通ルールを守って安全に利用しましょう

 岡山県では次のとおり「岡山県自転車安全利用5則」を定めています。


1 自転車は、車道が原則。歩道が例外
2 車道は左側通行
3 歩道は歩行者優先で、車道よりを徐行
4 交通ルールを守る
 ・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止
 ・夜間はライトを点灯
 ・交差点での信号遵守と一時停止、安全確認
 ・運転中の携帯電話、傘さし運転の禁止
5 子どもはヘルメットを着用
 
 また、乗車前には、ブレーキの利き具合やライトの点灯状況、反射材がついていることなどを確認してください。
 なお、自転車が加害者になり、高額な損害賠償請求を受ける場合もあります。万一に備え、賠償責任保険や傷害保険への加入も検討しましょう。
 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 環境生活課(くらし安全係)
  • 直通電話0868-32-2056
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールkankyou@city.tsuyama.lg.jp