• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

第4次津山男女共同参画さんさんプランについて

第4次津山男女共同参画さんさんプランの策定について

津山市は、このたび「第3次つやま男女共同参画さんさんプラン」の期間終了に伴い、社会情勢の変化や新たな課題にも対応した今後5年間〔平成30(2018)年度から平成34(2022)年度まで〕の基本計画として、「第4次津山男女共同参画さんさんプラン」を策定しました。

 
第4次津山男女共同参画さんさんプラン策定の趣旨

「さんさんプラン」表紙 男女共同参画基本法では、「全ての人が性別にかかわりなく互いにその人権を尊重しつつ、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会の実現」を21世紀のわが国の最重要課題のひとつとして位置づけています。
 本市においても、平成14(2002)年の「津山市男女共同参画まちづくり条例」の制定以降、その行動計画として、平成15(2003)年3月に「つやま男女共同参画さんさんプラン」、平成20(2008)年3月に「新つやま男女共同参画さんさんプラン」、平成25(2013)年3月に「第3次つやま男女共同参画さんさんプラン」を策定し、男女共同参画社会の実現に向けたさまざまな施策に取り組んできました。
 この間、女性の地位向上や固定的な性別役割分担意識に一定の変化が見られるものの、いまだに社会制度・慣行の中に根強く残っているものもあります。また、ひとり親家庭の貧困などの新たな課題も顕在化してきました。一方、平成28(2016)年5月に刊行された「男女共同参画白書」では、誰もが個性を尊重され、多様性が認められる「一億総活躍社会」の実現に向けて、女性の活躍を最も重要な鍵としているように、女性の社会進出の推進や労働参加率の向上については今まで以上に取り組むべき課題となっています。
 このたび平成29(2017)年度末で現行計画が期間満了を迎えることから、こうした社会課題を見据え、これまでの成果を継承しつつ、男女共同参画社会基本法に示された理念に基づき、より一層、男女共同参画社会の形成に向けた施策・事業を総合的かつ計画的に推進するため、「第4次津山男女共同参画さんさんプラン」を策定しました。
 

 

参考資料

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 人権啓発課(津山男女共同参画センター「さん・さん」)
  • 直通電話0868-31-2533
  • ファックス0868-31-2534
  • 〒708-8520岡山県津山市新魚町17 アルネ・津山5階
  • Eメールsun-sun@city.tsuyama.lg.jp