• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

法務省を名乗る架空の訴訟はがきに注意しましょう。

 平成29年5月以降「法務省管轄支局民事訴訟管理センター」、「法務省管轄支局国民訴訟通達センター」などの名称で架空訴訟はがきを送りつけ、最終的に執拗に金銭を要求する事業者に関する相談が消費生活センターに寄せられています。
 
 このような請求を受けた場合は以下のとおり対処しましょう。
  • 心当たりのないものは支払う必要はありません。請求には応じないようにしましょう。
  • 悪質な業者には一切連絡しないようにしましょう。
  • 架空の債権の請求は、犯罪に当たる可能性がありますので、悪質な場合は最寄りの警察署に相談しましょう。
 ※ 心配な方は、津山市消費生活センター(電話0868-32-2057)にご相談ください。
 ※ 消費者庁の注意喚起
 ※ 詳しくは法務省のホームページを参照してください。法務省HP