• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

磯野計記念奨学金

平成31年度の磯野計記念奨学生の募集は、平成31年3月1日(金曜日)から受付開始、締切は4月12日(金曜日)です。

 申込書類は、津山市教育委員会生涯学習課(市役所東庁舎3階)に取りに来てください。
 

磯野計記念奨学金

 津山出身で、明治屋を創業した実業家である磯野 計(いその はかる)氏の功績を顕彰して、奨学基金を設置し、奨学金貸与事業を行っています。

◆磯野計とは
 1858年、津山に生まれる。幼い頃から四書五経を学び、1868年に10歳で神戸に出て、箕作麟祥の塾で英学を学んだ。その後、津山藩の留学生として上京し、箕作秋坪の三汊学舎に入塾して英語を学ぶ。1870年には藩の推薦で大学南校(のちの開成学校、東京大学)に入学。1879年に東京大学法学部を卒業。
 卒業後は、代言人(弁護士)として事業を行っていたが、1880年から4年間、三菱の給費留学生としてロンドンへ留学。帰国後は郵船汽船三菱会社に入社し、神戸港で荷受所の現場監督として働く。
 1885年に独立し、明治屋を創業。西洋酒類、食料品、たばこ、食器などの輸入業を行い、経営が軌道に乗ると卸小売業へと業態を拡大していく。
 その後、明治屋をジャパン・ブルワリー社(のちの麒麟麦酒)の販売総代理店とし、「キリンビール」の一手販売を行い、多様な広告活動により拡販に努めた。
 1897年12月、肺炎のため39歳の若さで急逝。

◆磯野計記念奨学金とは
 磯野 長蔵(いその ちょうぞう)氏から奨学資金の寄付を受け、
磯野計記念奨学基金を設置しました。
 この基金から生ずる利息収入で、磯野計記念奨学事業を実施しています。

※ 磯野 長蔵 氏 ・・・ 明治屋3代目社長。
麒麟麦酒設立発起人となり、のちに麒麟麦酒社長・会長を歴任。磯野計の娘婿にあたる。
 

制度の概要
1.奨学生について
   大学生 1名
   
(大学・短期大学・専修学校専門課程・高等学校専攻科に進学または在学している方)
 
2.貸与月額 
   大学生  30,000円
 
3.選考要件
 1)成績  各科目5段階評価の平均3.5程度以上であること
 2)収入限度額目安  収入源一人で4人世帯、給与収入が737万円以内程度であること
            給与以外の所得者は収入が293万円以内程度であること
 
4.申込時の提出書類

 1)奨学金交付申請書兼奨学生調書(所定様式あり※)
 2)出身高等学校または在学する学校の成績証明書(高校生の場合は、出身中学校)
 3)住民票謄本(世帯全員)
 4)在学証明書
 5)健康診断書
 6)学資負担者の属する世帯全員の平成30年中の所得がわかるもの
   (源泉徴収票の写しまたは確定申告書の写し)
 7)世帯全員の市税等の納税証明書(完納証明)(所定様式あり※)
※所定様式は、生涯学習課(津山市役所東庁舎3階)でお受け取りください。 
 

5.返還方法

 卒業の月の6カ月後から無利子で貸与月額の半額を毎月返還する
【例】大学生の場合:毎月30,000円を4年貸付・・・・1カ月15,000円を8年間で返還
 

【注意事項】
1.奨学金の貸与にあたっては、3カ月分をまとめて、それぞれ、5月、8月、11月、2月に指定口座に振込みます。尚、留年や退学等があった場合は、奨学金を停止します。また、奨学金が必要でなくなった場合は、奨学金を辞退することができます
2.津山市奨学金制度と磯野計記念奨学金制度との併願は可能ですが、併給はありません
3.その他の奨学金との併給は可能です
4.ご不明な点は、生涯学習課にお問い合わせください
 
 

問い合わせ先及び書類提出窓口

〒708-8501 津山市山北520
津山市東庁舎3階
津山市教育委員会 生涯学習課 健全育成係
TEL 0868‐32‐2009 FAX 0868-32-2147