• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

『介護マーク』をご活用ください

「介護マーク」をご存知ですか?

認知症の方の介護は、他の方からみると介護をしていることが分かりにくいため、周囲から誤解を受けることがあります。
そこで、介護をする方が介護中であることを周囲に理解していただくために作成されたのが介護マークです。このマークは、静岡県で作成されたもので、全国への普及が進められています。
津山市でも普及・啓発を実施しています。




関連情報
 静岡県ホームページ【介護マーク】
 厚生労働省ホームページ【介護マークの普及について】






「介護マーク」の使用が想定される場面
1 駅やサービスエリアなどのトイレに付き添うとき
2 男性介護者が女性用下着を購入するとき
3 そのほか、介護していることを周囲に知ってもらいたいとき  など


「介護マーク」を配布しています。
市では、「介護マーク」(ケースに入れたカード)を配布しています。

○配布対象者は?
市内在住の認知症・高齢者・障害者を介護、介助している方

○配布場所は?
津山市高齢介護課、各支所・出張所市民生活課の窓口で無料配布しています。





 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 社会福祉事務所 高齢介護課(介護保険担当)
  • 直通電話0868-32-2070
  • ファックス0868-32-2153
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階 11番窓口
  • Eメールkaigo@city.tsuyama.lg.jp