• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

骨髄バンクドナーと、ドナーを雇用する企業に助成金を交付します!

 ドナー登録の増加及び多くの骨髄・末梢血幹細胞移植の推進を図ることを目的として、骨髄・末梢血幹細胞(以下「骨髄等」)の提供を完了した方及び雇用する事業所に対し、骨髄等の採取のための入院など、提供にかかる通院、入院の日数に応じて助成金を交付します。
 
対象

 公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄等の提供を完了したドナー及びドナーを雇用する事業所が対象です。
 
助成内容

(1)ドナーに対する助成
 津山市内に住所があるドナーに対し、通院1日当たり5千円、入院1日当たり2万円を助成します。ただし、1回の骨髄等提供につき10万5千円が限度です。

(2)事業所に対する助成
 津山市内に住所のあるドナーが勤務する国内の事業所(国・地方公共団体及び独立行政法人の事業所を除く。)に対し、当該ドナーが骨髄等の提供を行うために休業する日数1日当たり1万円を助成します。ただし、1回の骨髄等提供につき1回9万円が限度です。
 なお、事業所に対する助成は、ドナーが津山市内在住者であることが要件です。

 
申請方法
 津山市が定める申請書に、日本骨髄バンクが発行する証明書を添付して、提供が完了した日から90日以内に、健康増進課まで申請してください。

(1)申請書様式
  【ドナー用】津山市骨髄末梢血幹細胞ドナー等支援事業助成金交付申請書(様式第1号)[11KB Wordファイル]
  【事業所用】津山市骨髄末梢血幹細胞ドナー等支援事業助成金交付申請書(様式第2号)[11KB Wordファイル]
  【記入例】津山市骨髄末梢血幹細胞ドナー等支援事業助成金交付申請書記入例[79KB PDFファイル]

(2)請求書(押印が必要です)
   請求書様式[39KB PDFファイル]
  【記入例】請求書記入例[50KB PDFファイル]

(3)骨髄・末梢血幹細胞の提供を完了したことを証明する書類(日本骨髄バンク発行)
   ドナーと事業所、それぞれに必要です。(事業所は写し)

(4)確認書類
  【ドナー】市内に住所を有することが確認できる書類(健康保険証、運転免許証など)
  【事業所】ドナーとの雇用契約が確認できる書類(雇用証明書など)

この情報に関する問い合わせ先

津山市 健康増進課
  • 直通電話0868-32-2069
  • ファックス0868-32-2161
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールkenkou@city.tsuyama.lg.jp