• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

国民年金の受給種類

老齢基礎年金

  保険料を納めた期間と免除された期間および合算対象期間を合わせて10年以上ある方が、65歳に達したときに支給されます。※平成29年8月から受給資格期間が25年から10年に変更になりました。

  《平成30年4月からの年金額》

 年額 779,300円(40年間保険料を納めた場合の満額)
 

障害基礎年金

 国民年金加入中に初診日(障害の原因となった病気・けがについてはじめて病院にかかった日)がある病気・けがが原因で障害が残ったときに請求できます。

 《障害基礎年金を受ける条件》
  1. 初診日において、国民年金の被保険者であること。または国民年金の被保険者であった60歳以上65歳未満の方で、日本国内に住所を有していること。
  2. 初診日の属する月の前々月までの全被保険者期間のうち保険料納付済期間(保険料免除期間、若年者納付猶予期間、学生納付特例期間等を含む)が3分の2以上あること。または、直近の1年間に滞納がないこと。
  3. 障害認定日(初診日から1年6ヶ月を経過した日または1年6か月以内に症状が固定した日)に政令に定められている障害(国民年金法の障害等級の1級または2級)の状態になっていること。(障害者手帳の等級とは異なります)

 ※20歳前に初診日がある病気・けがが原因で障害が残った場合は、20歳に達したとき(障害認定日が20歳以後の場合はその日)に、政令に定められている障害(国民年金法の障害等級の1級または2級)の状態にあれば、障害基礎年金が支給されます。(本人の所得制限があります)

 《平成30年4月からの年金額》

   1級 年額 974,125円
   2級 年額 779,300円

 ※平成17年4月から、国民年金に任意加入していなかったため、障害基礎年金等を受けていない方を対象とした「特別障害給付金制度」が創設されました。
 支給の対象は、平成3年3月以前に国民年金任意加入対象であった学生、または昭和61年3月以前に国民年金任意加入対象者であった厚生年金等の被保険者の配偶者で、任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在、障害基礎年金の1級、2級の障害の状態にある方です。

 

遺族基礎年金

 遺族基礎年金は、国民年金の被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間を満たした方が死亡したときに、その方によって生計を維持されていた「子のある配偶者」または「子」に支給されます。

 《遺族基礎年金を受ける条件》

 次の(1)から(4)までのいずれかに該当する方が死亡したときに、その方の「子のある配偶者」または「子」に支給されます。

  1. 国民年金の被保険者であること。
  2. 国民年金の被保険者であった方で、日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満であること。
  3. 老齢基礎年金の受給権者であること。
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした方であること。

    ただし、1. 2. の場合は、死亡日の前日において死亡月の前々月までの国民年金被保険者期間のうち、保険料納付済期間(保険料免除期間、納付猶予期間、学生納付特例期間等を含む)が3分の2以上あることが必要です。(死亡日が平成38年3月31日までにあるときは、死亡月の前々月までの直近1年間に滞納がなければよいことになっています)

 ※「子」とは、18歳到達年度の末日までにある子または1級、2級の障害の状態にあるときは20歳未満の子を指します。

 《平成30年4月からの年金額》

 子のある妻が受給するとき年額1,003,600円(子が1人の場合)

 

付加年金

 付加保険料(月額400円)を上乗せして納めると、 200円×付加保険料納付月数(年額) が老齢基礎年金に加えて支給されます。

 

寡婦年金

 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした夫が、年金を受けずに死亡した場合に、10年以上婚姻関係があった妻に60歳から65歳までの間支給されます。
 年金額は、夫の国民年金第1号被保険者の期間について計算した老齢基礎年金の額の4分の3です。

 

死亡一時金

 第1号被保険者として国民年金保険料を納めた期間が36月以上の方が、年金を受けずに死亡したとき、生計を同じくしていた遺族に支給されます。
 死亡一時金の額は、保険料を納付した期間に応じて、120,000円から320,000円です。

 

 年金の請求に必要な書類は、場合によって異なりますので、市役所国民年金係、各支所・出張所担当課または津山年金事務所(0868-31-2360)へお問い合わせください。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 保険年金課
  • 直通電話0868-32-2071(国民健康保険係) 0868-32-2072(国民年金係) 0868-32-2073(高齢者医療係)
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールhoknen@city.tsuyama.lg.jp