• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

令和2年度津山市地域おこし協力隊募集詳細

令和2年度津山市地域おこし協力隊を募集します!

 津山市では、将来にわたって持続可能な公共サービスが提供できるよう、市民のみなさんと協働によるまちづくりを進めています。
 地域に活力を与え、魅力あるまちづくりの実現に向けて、地域のみなさんと共に活躍していただけるフレッシュで行動力のある地域おこし協力隊員を募集します。

 <首都圏での地域おこし協力隊相談ブース設置>興味のある方お越しください!!
 ●「地域と関わろう!地域の魅力発見フェア」
  1 日 時 令和元年11月17日(日曜日)11時から17時
  2 場 所 パシフィコ横浜 展示ホールA(横浜市西区みなとみらい1-1-1)
  3 入場料 無料(事前申し込み不要)
  4 その他 詳細はコチラ
        (総務省のページにリンクしています)
 ●瀬戸内おかやま移住・しごとフェア
  1 日 時 令和元年12月15日(日曜日)11時から16時
  2 場 所 東京交通会館12階 ダイヤモンドホール (東京都千代田区有楽町2-10-2) 

  3 入場料 無料(事前申し込み不要)

募集概要

■活動内容
 行政や地域住民、関係団体等と協力・連携し、次の活動を行っていただきます。
  ※応募の段階で、希望する活動を選択していただきます。

                               
【1 津山版DMOにおける観光企画開発、マーケティング、事業計画の支援等】
 津山市観光協会では、現在、通過型観光から体験プログラムなどの新たなサービスと宿泊を組み合わせることによる
体験型観光へのシフトを進めるとともに訪日外国人等の誘客増を図っている。
 <主な活動内容>
 
  ●観光資源の磨き上げ及びそれらの資源を活かした観光体験プログラム並びにツアーの企画造成
  ●外の目から見た津山市ならではの魅力発信と情報発信
  ●観光関連情報の集約化とデータベース化
  ●数値、粗利を意識した新たなサービスの企画と観光で儲かる仕組みの構築
  ●全国の観光商品の販路拡大の構築へ向けたマーケティング及びプロモーション活動 ほか  


 
▲津山城(鶴山公園)の桜                    ▲城東地区

 <勤 務 地>津山市産業経済部観光振興課(津山市山北520)
 <活 動 地>公益社団法人 津山市観光協会(津山市山下97-1)


【2 城西まちづくり協議会で空き家の活用策の企画、地域マネージャーの補佐】
 津山市城西地域では、平成23年からまちづくり活動がスタートし、「支え合い、つながりあう地域」を目指して
防災部会、福祉部会、まちづくり部会で毎月のスタッフ会議を行い、地域課題の解決などに向けて取り組みを進めている。

 <主な活動内容>
  ●城西地域のまちづくりを理解・共感して、「津山まちの駅城西」を中心に、地域づくりの事務局を担う
   地域マネージャーや地域住民らと一緒に空き家の活用やイベントの企画
  ●「津山まちの駅城西」に来る地域住民の方との交流を大切にして、城西地域が目指す
         「支えあい、つながりあう地域」づくりにかかる企画 ほか
 
▲津山まちの駅城西                 ▲子育てサロンさくらんぼ                   
                                                                                               
    
 ▲城西まるごと博物館フェア                                     ▲野菜と魚の市


 <勤 務 地>津山市地域振興部地域づくり推進室(津山市山北520)
 <活 動 地>城西まちづくり協議会(事務局:城西公民館(津山市小田中1312-10))


【3 城東まちづくり協議会で重要伝統的文化財と洋学・蘭学を結びつけた企画等
 津山市城東地域では、「重要伝統的建造物群保存地区」の認定を平成25年8月に受け、オランダと馴染みの深い地域特性を生かし
事業を立ち上げ展開している。しかしながら、観光客増加につながるような事業が進んでいない。
 そこで、派遣する隊員には「重伝建地区」という地域特性に「洋学」「蘭学」を結び付けたビジネスモデルの研究、空き家空き地を
有効活用し地域活性化につなげてほしい。

 <主な活動内容>
  ●
重伝建地区」という地域特性に「洋学」「蘭学」を結び付けた新たな事業の研究、提案
  ●城東の取り組みを効果的に情報発信できるようなIT、SNS等の対応についてのアドバイス
  ●空き地、空き店舗の情報整理と活用方法について協議会メンバーへの連携支援 ほか
 
 <勤 務 地>津山市都市建設部歴史まちづくり推進室(津山市山北520)
 <活 動 地>城東まちづくり協議会(津山市中之町19)
■応募条件

次のすべての条件に当てはまる方
 ・令和2年4月1日現在で、年齢が20歳以上60歳未満の方
 ・申し込み時点で、3大都市圏をはじめとする都市地域等に在住し、採用後に津山市に住民票を異動させて
  生活できる方
         ※3大都市圏…東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)名古屋圏(愛知県、岐阜県、三重県)
           大阪圏(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県)
   ※詳細な地域条件につきましては、ご応募の前にお問合せください。
 ・心身ともに健康で誠実に勤務できる方
 ・地域の活性化に意欲があり、地域住民、関係団体とともに地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことが
  できる方
 ・津山市に1年以上の滞在を予定する方
 ・普通自動車免許を有している方
 ・パソコン(ワード、エクセル等)の基本操作ができる方
 ・地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方


■募集人数

 3名 ※各活動ともに1名ずつ

■任用形態及び期間(予定)

 ・地域おこし協力隊員として市長が委嘱します。(市との雇用関係はありません。)※調整中
  平成29年5月17日に地方公務員法及び地方自治法の改正法が公布され、令和2年度から施行されることに伴い、
      現行の嘱託員制度は終了します。
 ・任用期間は、令和2年4月1日から令和3年3月31日までとします。
 ・活動実績により再度任用の場合、1年毎の任用期間で、最長令和5年3月31日まで更新します。
 ・協力隊として相応しくないと判断した場合は、任用期間中であってもその職を解くことができるものとします。


■給与(予定)

 月額 208,000円(個人で国民年金、国民保険に加入していただきます)※調整中

■勤務日及び勤務時間(予定)

 ・勤務時間は月160時間(原則1日8時間、週40時間以内)を基本とします。※調整中
 ・活動内容により勤務日、勤務時間帯は変動することがあります。


■待遇・福利厚生(予定)

 ・住居は必要に応じて、市または地域団体が斡旋し、月額3万円を上限に活動費の中から家賃を支給します。
 ・個人で国民健康保険及び国民年金保険に加入していただきます。(各保険料等は全額自己負担)※調整中
 ・拠点にかかる費用、生活備品、光熱水費等は自己負担とします。

■応募手続

 (1)応募受付期間  募集人員に達するまでの期間
 (2)提出書類
   1.津山市地域おこし協力隊応募用紙
   2.住民票の抄本
   3.普通自動車免許証の写し
 (3)提出方法  郵送または持参
 (4)応募先・問合せ先
   〒708-8501 岡山県津山市山北520番地
    津山市役所 地域振興部 地域づくり推進室 担当:河本(こうもと)
   TEL:0868-32-2032(直通) FAX:0868-32-2152
   Mail:chiikizukuri@city.tsuyama.lg.jp


■選考方法

 毎月月末でとりまとめ、第1次選考を行います。第1次選考は書類選考、第2次選考は面接とします。
 (1)第1次選考
   応募用紙をもとに書類選考をします。選考結果は、応募者全員に文書で通知します。
 (2)第2次選考
   第1次選考合格者を対象に、第2次選考(面接試験)を行います。日時及び場所などの詳細については、
   別途お知らせします。
 (3)その他
   応募に係る経費(書類申請、面接試験に伴う交通費等)は、全て応募者の負担となります。
   津山市地域おこし協力隊員の決定は、令和2年3月議会で予算決議後となります。


■現地見学会

 現地見学会は、随時対応します。担当職員が募集概要の説明、市内見学等をご案内します。
 詳細は、上記の問い合わせ先にご連絡ください。
 なお、津山市までの旅費、宿泊費等は本人負担となります。


■募集要項及び応募様式

 ●地域おこし協力隊募集チラシ[15,416KB PDFファイル]
 ●津山市地域おこし協力隊募集要項[457KB PDFファイル]
 ●津山市地域おこし協力隊応募用紙[18KB Wordファイル]
 ●別紙1(各活動の取組概要)
  1 津山版DMOにおける活動概要[2,465KB PDFファイル]
  2 城西まちづくり協議会における活動概要[314KB PDFファイル]
      3 
 城東まちづくり協議会における活動概要[310KB PDFファイル]
 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 地域づくり推進室