• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

通知カード・個人番号カード

通知カード

平成27年10月以降、個人番号(マイナンバー)が記載された「通知カード」が送付されます。
  • 住民票を有する全ての方に一人一つの番号(12桁)が通知されます。
  • 住民票の住所に、マイナンバーの「通知カード」が簡易書留・転送不要郵便で送られます。通知を確実にお受け取りいただくため、今のお住まいと住民票の住所が異なる方は、住所変更の手続きをお願いします。
  • 「通知カード」は氏名、住所、生年月日、性別のほかに、
    今後身近な手続きにおいて使用することとなる「マイナンバー」が記載された大切なカードです。
    マイナンバーは、国の行政機関や地方公共団体などで、社会保障・税・災害対策の分野で利用されることとなります。「通知カード」が届きましたら紛失しないように大切に保管してください。
  • 「通知カード」に同封されるもの(予定)
    ・「個人番号カード」の交付申請書
    ・「個人番号カード交付申請書」を郵送で申請するための封筒
    ・マイナンバーについての説明書類
                                                    通知カードイメージ 図
          おもて                     うら 

          通知カード写真       通知カード画像
 

個人番号カード

平成28年1月以降、希望される方は「個人番号カード」を取得することができます。
  • 「個人番号カード」は交付申請を行うことで無料で取得することができます。
  • 「個人番号カード」には表面に氏名・住所・生年月日・性別・有効期限、裏面に個人番号等が記載され、個人番号の確認や本人確認書類として利用できます。
    有効期限は20歳以上の方は、発行日から10回目の誕生日まで、20歳未満の方は発行から5回目の誕生日までとなります。
  • e‐Tax等の電子申請・申告が行える電子証明書が標準搭載されます。(※希望者は失効可能)
    電子証明書の有効期限は発行日から5回目の誕生日までとなります。
                                             個人番号カードイメージ図
           おもて                    うら

       個人番号カードイメージ図     個人番号カードイメージ図       
 

住民基本台帳カードについて

住民基本台帳カードの発行・利用期間について
  • 平成28年1月の「個人番号カード」の交付開始に伴い、「住民基本台帳カード(住基カード)」は平成27年末をもって、新規および更新のための発行を終了します。それと同時に、新たに電子証明書を格納することもできなくなります。
  • なお「住基カード」の機能はそのまま「個人番号カード」に引き継がれますので、引き続きカードを必要とする場合には、「個人番号カード」の申請を行い、交付を受けてください。
  • 新規および更新のための発行は終了しますが、現在お持ちの「住基カード」は平成28年1月以降もカードに記載された有効期限までそのままご利用いただけます。ただし、「住基カード」と「個人番号カード」は両方を所有することはできません。「個人番号カード」の交付を受ける際に「住基カード」は返納していただきます。

関連リンク(外部リンク)

 政府広告オンライン
 内閣官房マイナンバー社会保障・税番号制度
 内閣官房マイナンバー社会保障・税番号制度 よくある質問
 

お問合せ先

 マイナンバーコールセンター
 電話番号:0570-20-0178

 津山市役所市民課
 電話番号:0868-32-2052