• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

環境事業課からのお知らせ

スプレー缶の適正な排出について

 ごみ収集車の火災事故が発生しています。(詳しくは、「 ごみ収集車の火災事故が発生しています 」をご覧ください)

 スプレー缶に残っていたガスが原因と思われます。幸い大事にはいたっていませんが、正しい出し方をしないと大変危険で、人命にも関わる可能性があります。

 スプレー缶は必ず中身を使い切って、「缶」として資源回収に出してください。

 スプレー缶の適正な排出にご協力をお願いします。

 

FRP船リサイクルについて

概要

 FRP(ガラス繊維強化プラスチック)船は、材料の強度が高い、大型である、全国に広く薄く分布している、製品寿命が長いなどの理由から、適正な処理が困難であり、それが不法投棄の要因の一つとなっていました。

 これを踏まえ、製造事業者等の団体である社団法人日本舟艇工業会は、循環型社会形成の必要性を考慮し、、平成17年から「FRP船リサイクルシステム」を開始しています。

対象物

 漁船、モーターボート、ヨット、水上オートバイなど、FRPを材料として使用している小型船舶が対象です。

お問い合わせ先

 申し込み方法、リサイクル料金、受付期間など詳細については、 一般社団法人 日本マリン事業協会 (新しいウインドウが開きます)のホームページをご覧ください。

 

小型充電式電池リサイクルについて

概要

 充電して繰り返し使える電池には、地球の希少な資源が使われていることから、「指定再資源化製品」に指定され、回収・再資源化が義務づけられています。
 電気製品を廃棄する前に、充電式電池が使われていないか確認をお願いします。

対象物

 リサイクルできる小型充電式電池には、下記のリサイクルマークが付いています。
 この電池は、ごみとして捨てるのではなく、「リサイクル協力店」にお持ちいただくか、機器と共に回収する仕組みをご利用ください。

 

お問い合わせ先

 お近くの「リサイクル協力店」の検索や、制度の詳細については、 一般社団法人JBRC (新しいウインドウが開きます)のホームページをご覧ください。

 

二輪車(原付から 大型)リサイクルシステムについて

概要

 二輪車製造メーカー等の参加事業者が、環境省から「広域認定制度」の認定を個別に受け、国内で販売した車両を「使用済二輪車」として回収し、適正処理・再資源化をおこなっています。
 二輪車を廃棄する場合には、この仕組みを活用していただきますようご協力をお願いします。

対象物

 参加事業者が製造または輸入し、国内で販売したオートバイ。(平成23年10月より原動機付自転車も加わりました。)
 ハンドル、車体(フレーム)、ガソリンタンク、エンジン、前後輪(ホイール)が一体となっている状態のもの。

お問い合わせ先

 廃棄二輪車の引取りを行う販売店、手続きの流れ、制度の詳細については、 自動車リサイクル促進センター (新しいウインドウが開きます)のホームページをご覧ください。

 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 環境事業課
 直通電話0868-22-8255(業務係) 0868-22-8255(施設係) 0868-32-2203(3R推進係)
 ファックス0868-23-7055
 〒708-8501 岡山県津山市山北520
 Eメール gomizero@city.tsuyama.lg.jp