• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

高齢者交通安全県民運動

高齢者交通安全県民運動
「光ります ルールとマナーと 反射材」
期間:平成29年4月1日から平成30年3月31日まで
高齢社会の進展等に伴い、高齢者が関係する交通事故は増加傾向にあります。
この運動は、高齢者自身の交通安全意識を高揚させ、県民の高齢者保護意識の普及啓発を推進する県民運動を展開することにより、高齢者の交通事故防止を図ることを目的としています。
 
重点目標
  • 反射材用品、LEDライト等の活用の促進
  • 「高齢者交通安全5則」(まつ・みる・むりせず止とまる・め立つ・もっと知る)の徹底
  • 高齢歩行者、高齢自転車利用者の行動特性に基づいた保護・誘導活動及び指導の促進
  • 高齢運転者による事故防止対策の推進
  • 高齢者の交通事故実態を踏まえた広報啓発活動の推進

 高齢者交通安全県民運動チラシ[1,416KB PDFファイル]
 
行政サービスの活用
 現在、市環境生活課(1階1番窓口)では、希望者に夜光タスキを配布しています。(1年間に1人1本まで)
この機会に輝く反射材ライフを始めましょう!  お気軽に窓口へお越しください。(各支所市民生活課でも受け付けています)

また、交通指導員による交通安全教室も随時受け付けておりますので、環境生活課までお問い合わせください。