• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

生ごみの減量にご協力ください

生ごみの減量にご協力ください。  

 生ごみは、水分が多いため重く、家庭から出る可燃ごみの約3割を占めると言われています。
 ごみの減量のためには、この生ごみの減量が重要となります。
 皆様のご家庭において、①調理くずを減らす ②食べ残しをしない ③水切りを十分に行う ④生ごみ処理機・処理容器を利用するなどして生ごみの減量にご協力ください。

 調理くずを減らす
 食べ残しをしない

   もっとも基本的なことです。

 水切りを十分に行う

   一晩水切りすることで約1割の減量となるほか、臭い防止にもなります。 

 生ごみ処理機・処理容器を利用する

   電気式生ごみ処理機、コンポスト、ボカシ処理容器などがあります。

  電気式生ごみ処理機、コンポスト、ボカシ処理容器ってどんなものですか?

 以下を参考にしてください。なお、一般的に言われていることをまとめたもので、機種によってやり方が違う場合や、生ごみの処理(発酵・堆肥化)について色々と研究・工夫等されていることもあります。

 電気式生ごみ処理機.pdf [75KB pdfファイル]

 コンポスト.pdf [109KB pdfファイル]  

 ボカシ処理容器.pdf [126KB pdfファイル]   

  あなたの家庭にはどんな生ごみ処理機器が?

  あまり費用をかけずに処理したい コンポスト・ボカシ処理容器
  早く処理できるものがほしい 電気式生ごみ処理機
  手間が少ないものがほしい 電気式生ごみ処理機
  家の中で処理してしまいたい 乾燥方式の電気式生ごみ処理機の一部機種で可能
                        ※詳しくは販売店・メーカーに確認してください。 

  購入補助がありますか?

  生ごみ処理機・処理容器の購入には補助金があります。 補助金のページへ

 

ごみの減量について

 平成24年2月に津山市第2次ごみ減量行動計画が策定されました。
 この計画の中で、市民の皆様のご家庭においては、平成28年度を目標年度として、家庭系可燃ごみ排出量 15%削減や家庭系不燃ごみ排出量 10%削減などの目標を設定しました。この計画の実行には、市民、事業者、市民団体、行政の連携と協力が重要となります。
 循環型社会を構築し、未来の子供達に引き継いでいけるようにするため、皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 環境事業課
 直通電話0868-22-8255(業務係) 0868-22-8255(施設係) 0868-32-2203(3R推進係)
 ファックス0868-23-7055
 〒708-8501 岡山県津山市山北520
 Eメール gomizero@city.tsuyama.lg.jp