• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

犬の登録

飼犬の登録を忘れずに     いぬ

 犬を飼うときは、生後 91日以上経過して以降に一生に一度の登録が必要です。いわば、愛犬の住民登録のようなものです。
 犬の登録は、犬の飼い主の義務として「狂犬病予防法」に義務付けられています。必ず登録してください。
 
 登録手続きは、本庁環境生活課、各支所・出張所で行えます。
 また、津山市が毎年4月から市内の公共施設などで行っている、狂犬病予防注射の「集合注射会場」でも狂犬病予防注射と合わせて行うことができます。


   《登録手数料》 3,000円 
 

 犬の鑑札は、飼犬の首輪等に付けてください

 犬の登録をされた際には「犬の鑑札」を交付します。
 交付された「犬の鑑札」は、飼犬の首輪等に「狂犬病予防注射済票」と一緒に付けることが、法律で義務付けられています。
 犬の鑑札には登録番号が記入されているため、飼い犬が迷子になった際に保護されればすぐに飼い主が判明し、引き渡すことができます。


 

 平成27年度から「犬の鑑札」と「狂犬病予防注射済票」が変わりました。
犬の鑑札 狂犬病予防注射済票
犬の鑑札の写真

※サイズも小さくなり、首輪等に付けやすくなっています。

※「犬の鑑札」、「狂犬病予防注射済票」を紛失した場合は再交付します。

    《 鑑札の再交付手数料》   1,600円
    《注射済票の再交付手数料》 340円

 
 

転居などの場合は手続きをお願いします

 次のような場合は、変更手続きが必要です。 

  •  犬の飼い主が変わったとき、犬の所在地が変わったとき

    新しい飼い主の住所・氏名、新しい犬の所在地を連絡ください。

  •  津山市内で転居したとき

    新しい住所をご連絡ください。

  •  津山市外へ転出するとき

   津山市の「犬の鑑札」を転居先の自治体へ持参して手続きをしてください。
   (転居先の自治体で
新しい鑑札の交付を受けてください。) 

  •  津山市へ転入したとき

   前の自治体で交付を受けた「犬の鑑札」を環境生活課・各支所へ持参して登録手続きをしてください。
   (無料で新しい鑑札を交付します。)

  ※転出、転入の際には「犬の鑑札」が無くても、転出元の自治体で登録の確認ができれば変更手続きができます。不明な場合は、各自治体の担当部署へ連絡してください。
    
                                       いぬ

犬が死亡したときは届出が必要です

  飼犬が亡くなった場合、犬の死亡届が必要です。
  本庁環境生活課、各支所・出張所に電話連絡で手続きできます
  ※ 
死亡日と登録番号などをお聞きします。

 

 亡くなった犬の処理には、次の方法があります
  •  埋葬
      自分の敷地内に埋める場所があれば埋めてもかまいません。
  •   津山圏域クリーンセンターへ持ち込み焼却 《手数料 540円》 ※ 遺骨を拾うことはできません

     ところ   津山市領家1446
     受付時間  平日・祝祭日  午前8時から午後4時30分
    
       ※ 日曜日、1月1日から1月3日までは休業です
     電話番号  0868-57-2221
          

  •  民間の火葬施設

     市内には、民間の火葬施設もあります。

 

今年度の狂犬病予防注射がまだの方は


   狂犬病予防注射については下記のリンクを参照してください。
       狂犬病予防注射について http://www.city.tsuyama.lg.jp/index2.php?id=3962

 


 

 お問合せ先


 環境生活課(市役所1階1番窓口) TEL:0868-32-2055
 加茂支所  市民生活課  TEL:0868-32-7032
 阿波出張所 地域振興課  TEL:0868-32-7042
 勝北支所  市民生活課  TEL:0868-32-7022
 久米支所  市民生活課  TEL:0868-32-7012
 


 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 環境生活課(環境保全衛生係)
  • 直通電話0868-32-2055
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールkankyou@city.tsuyama.lg.jp