• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

後期高齢者医療について

後期高齢者医療制度について

 平成20年4月1日から75歳以上の後期高齢者の心身の特性や生活実態を踏まえ、高齢社会に対応する仕組みとして、後期高齢者の独立した医療制度が開始されました。
 これまでは、75歳(一定の障害がある人は65歳)以上の人は国民健康保険や健康保険組合、共済組合などの医療保険制度に加入しながら、「老人保健制度」で医療を受けていましたが、平成20年4月1日からは新たな独立した医療保険制度となる「後期高齢者医療制度」で医療を受けることになりました。


制度の運営

 「後期高齢者医療制度」の運営は、各都道府県単位ですべての市町村が加入する「広域連合」(岡山県では「岡山県後期高齢者医療広域連合」)が行います。
  「広域連合」は、被保険者の認定、保険料の決定、給付の決定など「後期高齢者医療制度」の運営全般を行います。
 市町村は、「後期高齢者医療制度」の事務のうち、保険料の徴収、各種申請・届け出の受付、被保険者証の引き渡しなどの窓口業務を行います。

※平成28年1月1日以降は、各種申請・届け出の際、個人番号の確認が必要な場合があります。

 

 

  

 

 後期高齢者医療制度について、詳しくは 岡山県後期高齢者医療広域連合ホームページ をご覧ください。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 保険年金課
  • 直通電話0868-32-2071(国民健康保険係) 0868-32-2072(国民年金係) 0868-32-2073(高齢者医療係)
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールhoknen@city.tsuyama.lg.jp