• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山弥生の里文化財センター(津山市教育委員会文化課 文化財保護係)


zenkei
 

  文化財センターの所管業務

 津山弥生の里文化財センターでは、津山市教育委員会文化課の付属施設として、文化財保護係の所管する次の業務を行っています。

  • 文化財の保護・保存・活用及び指定文化財の管理に関すること
  • 埋蔵文化財に関する開発調整や発掘調査に関すること
  • 歴史民俗資料館(加茂・勝北・久米)の管理運営に関すること  歴史民俗資料館 の紹介へ
  • 文化財保護のための啓発活動に関すること
  • 埋蔵文化財及び民俗文化財の調査研究と展示公開に関すること
  • 考古資料及び民俗資料の収蔵に関すること        など


 

 津山市内の指定文化財

 
 津山市内には、国指定・県指定・市指定をあわせて218件の指定文化財があります。(平成28年8月1日現在)

 

 
 

 史跡津山城跡の概要や保存整備について

 史跡津山城跡の概要や保存整備に関してはこちらをご覧ください。 
                      史跡津山城跡保存整備計画(II期)を策定しました 

    
 

 埋蔵文化財の保護に関するお知らせとお願い

  • 津山市内には、約2,200か所(平成28年4月現在)の周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)が確認されています。
  • 埋蔵文化財は地中に埋もれているため、現地で確認することが困難な場合や、土地の掘削中に不時に見つかることもあります。遺跡や遺物と思われるものが見つかったときには、津山弥生の里文化財センターまでお知らせください。   
  • また、周知の埋蔵文化財包蔵地の範囲内で土木工事等を行う場合には、文化財保護法に基づき事前の届出が必要です。工事の規模や内容によっては別に協議が必要となる場合がありますので、土木工事等を計画されている方は下からご確認をお願いします。
   建築・土木工事を計画されている方へ クリックしてください 
 
 

 発掘調査成果の公開について

 津山市教育委員会が実施した発掘調査は、発掘調査報告書もしくは「年報 津山弥生の里」によって公開しています。これらは図書館等の公共施設で閲覧することができます。また、頒布の可能なものは有償で頒布していますが、電子データで閲覧することもできますので、下の「文化財センター出版物のご案内」をご参照ください。

 
 

 文化財センター展示室ほかのご案内


tenji1 展示室1 おおむかしの米づくり
 展示室1では、弥生時代のコメづくりとくらしをテーマとしています。弥生時代の住居を通って展示室に入ると、出土した遺物や模型によって、この地方の弥生時代の生活のあらましをみることができます。
 さらに、文化財センターに隣接する沼遺跡についても、模型や出土遺物による展示によって遺跡のようすを知ることができます。








 tenji2展示室2 おじいさんのころの米づくり
 展示室2では、明治時代から昭和40年代頃までのコメづくりとくらしについてをテーマとしています。
 復元された農家の住居と道具類、津山地方の農家の特徴、また年間を通したコメづくりの様子や道具、ひとの一生やその時々の行事(通過儀礼)に伴う用具などをコーナーごとに展示しています。









syuzou 民俗資料収蔵庫
 文化財センターの3階は、事務室・図書室などと民俗資料の収蔵庫があります。これまでに収集、寄贈いただいた種々の民俗資料を収蔵しています。この収蔵庫は常時公開していますので、自由にご見学ください。


 





 
 

numaiseki 沼遺跡(沼弥生住居址群)
 沼遺跡は、昭和26年(1951)に発見され、翌昭和27年に最初の発掘調査が行われました。
 以後、数次の調査によって弥生時代のムラの遺跡であることが明らかになり、昭和30年(1955)には現地に竪穴式住居が復元され、当時としては画期的な一般市民が見学できる遺跡として公園整備されました。また、昭和31年(1956)には「沼弥生住居址群」の名称で津山市指定重要文化財(史跡)に指定されました。
 現在では、竪穴住居に加えて高床倉庫も復元され、歴史学習の場、憩いの場として多くの市民に親しまれています。


 

    文化財センター出版物のご案内

  • 文化財センターでは、発掘調査報告書をはじめ文化財関係図書を頒布しています。ご希望のかたは直接文化財センターにお問い合わせください。
  • 現在、こちらの図書 有料頒布図書一覧[36KB PDFファイル]  を取り扱っています。(ファイル名をクリックしてください。)
  • 津山市教育委員会が実施した発掘調査報告書は、電子データでも閲覧することができます。下のサイト名をクリックしてください。 奈良文化財研究所 【全国遺跡報告総覧】 (このサイトは(独)国立文化財機構 奈良文化財研究所が開設しているサイトで、全国の発掘調査報告書を閲覧することができます。) 
  • また、美作地域にある山城をまとめた冊子 『美作国の山城』(2010年刊 現在絶版)につきましても、上記のサイトで閲覧することができますので、ご利用ください。  


 

  開館時間と休館日のご案内

syozaichi

  • 公共機関でご来館のとき   JR津山駅から中鉄バス「沼住居入口」下車 徒歩2分
  • 自家用車でご来館のとき   中国自動車道津山インターから20分 
  • 展示室見学時間と見学料金  午前9時から午後5時まで(最終入館時間は4時30分まで) 見学は無料  
  • 展示休館日
  ・月曜日(ただしその日が国民の祝日にあたるときは、その日以降のもっとも近い平日)
  ・国民の祝日の翌日
   (ただしその日が月曜日もしくは国民の祝日、展示休館日にあたるときは、その日以降のもっとも近い開館日)
  ・年末年始(12月29日から1月3日)

 
  • 団体見学等につきましては、直接文化財センター(電話 0868 24-8413)までお問い合わせください。


 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会生涯学習部 文化課(弥生の里文化財センター)
  • 直通電話0868-24-8413
  • ファックス0868-24-8414
  • 〒708-0824岡山県津山市沼600-1
  • Eメールyayoisat@mx1.tvt.ne.jp