• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

広報調査特別委員会委員の編集雑感

 

87号雑感 編集を終えての感想など

請願:「日本政府に核兵器禁止条約の調印を求める意見書」の不採択について   秋久憲司

 津山市議会では、昭和60年6月に「(前略)我が国は世界唯一の被爆国として、平和憲法の精神からも再びあの広島・長崎の惨禍を絶対に繰り返してはならない」という「非核兵器平和都市宣言」を議決。しかし、上記の請願が本会議で不採択となりました。
 核兵器と人類の未来は共存できません。核兵器のない平和な世界の実現を切に願います。

 
表紙写真は「顔」   中村聖二郎

 広報委員会の視察で、大阪府高槻市と京都府精華町に訪問し、どちらとも表紙写真にはそれぞれの苦労と思いがあることがよく理解できました。表紙は議会だよりの「顔」と改めて考えさせられたものです。
 
 
活字の力   原行則

 動画や漫画の普及及び活字文化の衰退が懸念されている昨今、議会だより「みんちゃい」の紙面内容を充実させるため、広報委員と事務局の担当者で力を合わせて努力しています。文章の背景にある様々な思いを感じとってください。

 


 

86号雑感 編集を終えての感想など

政務活動費の透明化   原行則

  地方議員の政務活動費の不正請求があとを絶ちません。架空領収書を作成するなど不正を通り越して横領罪に値するものです。津山市議会では、政務活動費に関して厳しい運用を行っています。ホームページで個別収支状況を公開していますのでご覧ください。



 

85号雑感 編集を終えての感想など

市長と議会の役割  原行則

 東京都の小池知事のもとで議論された首長と議会の関係、どちらも直接選挙で選ばれ、住民福祉向上のために行政を進める責務があります。独立した対等の立場で議論し、政策立案し、議決して、市民の方向に車の両輪を進めていきたいものです。



 

84号雑感 編集を終えての感想など

近ごろの高校生は「頼もしい」 秋久憲司

 このごろの高校生が大活躍です。(前からだとの声もありますが)オリジナルの「肉まん」や「コロッケ」などの商品化で地域活性化に一役買っています。さくらまつりや地域の生産者などを勇気づけ、盛り上げてくれています。
 小誌「みんちゃい」の表紙写真も各高校の写真部にご協力をいただき、市民の方からも好評です。今年度もぜひお願いしようと広報委員会で話し合っています。「若い力の進出」が色々なシーンへ広がり、津山市を元気にしてくれています。頼もしいかぎりです。
 
 

子育て支援の拡充 中村聖二郎
 

 今号に、子育て支援拡充による中学校卒業までの子ども医療費無償化について報告しています。施行日は平成29年7月1日です。一歩前進の運びとなりました。子どもの笑顔があふれるようにと願います。






 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 議会事務局
  • 直通電話0868-32-2140
  • ファックス0868-32-2160
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールgikai@city.tsuyama.lg.jp