• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市立高田小学校

 

津山市立高田小学校

 

 

所在地 お問い合わせ先

 

 
 ◆所在地 郵便番号708-0807 津山市下横野1075

 お問い合わせ先 電話0868-27-0345 FAX 0868-27-2322 

 メール takata@ed-tsuyama.jp

 ◆HP http://www.schoolweb.ne.jp/tsuyama/takata-e/


 

 

児童数・学級数

 

 

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

6

9

12

11

18

14

70

14

9

7

8

9

7

54

合計

20

18

19

19

27

21

124

学級数

1

1

1

1

1

1

6(8)

 

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (令和元年5月1日現在)

 

学区の様子

 学区は津山市の北部にあり、景勝地 横野の滝 を有している。横野地区は今日でも紙漉き等の伝統工芸が盛んで、金箔合紙を製造し、金沢の金箔工芸品制作に寄与している。また、地区内には高田神社があり、岡山県重要無形文化財の獅子舞が秋の大祭に演じられ、多くの観光客が訪れている。

 学校近辺はのどかな田園風景に恵まれ、子どもたちは、豊かな自然と、地域の方々の温かい支援の中で、健やかに学校生活を送っている。

 

教育目標

 人間性豊かで実践力のある児童の育成

 

 

指導の重点

 

 〈 めざす児童像 〉  〈 指導の重点 〉

 た ただしく  ・・・ 素直で誠実な子

 か かしこく  ・・・ 自ら考え行動する子

 た たくましく ・・・ 心と体を鍛える子

 

 

高田小の教育活動

 < めざす学校像>

 ☆笑顔きらきら 夢いっぱい☆
 学びを楽しみ、学力の向上を実感できる学校「やりたい・できた・分かった」
 
個性やよさが認められ、将来の夢を持つことができる学校「自分が好き・夢がある」

 仲間とともに高まり繋がる喜びを実感できる学校「友達大好き・一緒にやろう」

 たくましく生きるための基盤となる、健やかで、しなやかな心や体を育む学校「挑戦しよう・続けて頑張ろう」

 保護者や地域から親しまれ信頼される学校「高田小に行かせたい・応援したい」

 教職員が共に勤めがいを実感できる学校「協働する・やりがいがある」

 

 < 特色ある教育活動 >

 【社会性・自主性を培う場の設定】

 ・児童自らが考える力を生かした行事等の工夫・・・ふれあいタイム(縦割り班活動)・全校集会

 

 【基礎学力の向上】

 ・学習規律の定着と基礎・基本の徹底・・・「どんどんチャレンジ」「詩集たかた100選・今月の詩」「目覚まし学習タイム」「放課後学習」「補充学習」「高田小学校家庭学習のすすめ」「自主学習ノートの充実」「学びの定期便への積極的参加」等

 

 【読書活動の充実】

 ・読書時間の確保と読み聞かせ活動等の取組・・・「読書おすすめ200冊」,よみきかせボランティア,ぶっくまるの利用

 

獅子舞 【地域の伝統行事の伝承と地域を生かした体験活動の実施】

 ・「自然と伝統文化の豊かなふるさと高田」に根ざした教育の展開

 ◎高田神社の獅子練り伝承(学習発表会で披露)

 ◎横野和紙の紙漉体験(自分の卒業証書作制)

 ◎高田公民館を核にした地域との連携(ウォークラリー、烏ヶ仙登山、横野川探検)

 < 本年度の具体的取組み >

 

 (1)人間力あふれる児童の育成

  1.自ら学び仲間と高め合う子 (学び合いのある授業づくり・基礎基本の徹底)

  2.自他を大切にできる子 (自己肯定感の醸成 気持ちのよいあいさつ 思いやりのある言動)

  3.何事にも挑戦しやり抜く子  (ゴールの明確化と振り返り 一人一人に役割のある特別活動)
 

 (2)“自然と伝承文化の豊かなふるさと高田” に根ざした教育を展開する。

  1.「自然や伝承文化とふれあい、それから学び、それとともに生きる学習」を通して、人間力の向上を図る。

  2.地域のすばらしさを大切にするとともに、ふるさと高田への愛着や誇りを培う。
 

 (3)具体的な取組においては、次のことを共通理解し、一致団結して指導する。

  1.学級内に「支持的風土」をつくり、学習する集団作りを進める。(何でも言える、聞いてもらえる、分からないと言える)
  2.「時を守り、場をきれいにし、礼を尽くす」の定着を図るとともに、命と人権に関わる問題には毅然として指導する。
  3.たくましさの育成。(たくましい心・身体の育成 特に、一人一人に役割を持たせ有用感や責任感を持たせること)
  4.学校・家庭・地域の連携を密にし、児童の心身共に健やかな成長を支援する。

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課
  • 直通電話0868-32-2116(学事係)  0868-32-2115(指導係)
  • ファックス0868-32-2157
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールgakkyou@city.tsuyama.lg.jp