• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市立新野小学校

 

津山市立新野小学校

 

所在地 お問い合わせ先

 

 ◆所在地 〒708-1222 津山市西中591

 ◆お問い合わせ先 電話 0868-36-2113  FAX 0868-36-7601

 ◆メール  nino@ed-tsuyama.jp  

 

 

児童数・学級数

 

 

1年

2年

3年

4年

5年

6年

合計

10

7

7

6

12

8

50

8

7

5

15

5

6

46

合計

18

14

12

21

17

14

96

学級数

1

1

1

1

1

1

6(8)

合計の( )は特別支援学級を含む学級数。  (令和元年5月1日現在)

 

学区の様子

 

 ☆本校は、岡山県津山市の北東部に位置し、背景には山形仙から東へ広戸仙、那岐山と美しい中国山地が連なっている。
 ☆地形的には工門・久本・西中・西下(南部平坦地)、日本原(東部丘陵地)、山形・西上(北部山麓地)に分けることができる。
 ☆保護者の多くは、勤めに出ているが、兼業農家として田畑を守っている方も多い。
 ☆保護者・地域住民の教育に対する関心は高く、学校への理解があり協力的である。
 ☆地域住民が登下校時の児童の見守りや読み聞かせ・学習支援に積極的に関わってくださっている。
 ☆新野は、「風の吹く町」として知られ、広戸風に耐えて人情が厚い土地柄でもある。
 ☆新野祭りなどの伝統的な行事に児童が積極的に参加している。

 

教育目標

 「自ら学び、心豊かな新野の子を育成する。」
 <目指す子ども像>

にこにこ 自分や友達を大切にする子
いきいき めあてをもって学ぶ子・進んで働く子
のっ のびのび 元気に運動する子
こつこつ ねばり強い子

                                    

 

指導の重点


1 確かな学力を付ける
・指導技術を高め授業改善を行いながら、わかる授業・楽しい授業作りを進める。また、朝学習や補充学習、家庭学習に一体的に取り組み、学習習慣の定着を図る。

2 心を育てる
・「どの先生も、どの子に対しても、同じ指導をする」ことを徹底し、児童の主体的な取組を大切にしながら自己肯定感を育て、子ども同士の望ましい人間関係を構築する。

3 特別支援教育を充実させる
・1人ひとりの教育的ニーズを把握し、適切な指導と必要な支援を行う。また、医療機関や支援機関との連携を図る。

4 連携を深める
・地域人材を活用した地域学習や郷土学習に取り組み、ふるさと教育を推進する。また、PTA活動を充実させ、学校の教育課題や子育てについて学び合う。
・児童の交流や情報交換等を通じて、滑らかな保・幼・小の連携を進める。また、相互の授業公開や教職員の合同研修、親睦をはかりながら小中の緩やかな連携を図る。 

 

特色ある教育活動

 【1 朝学習について】

 ○ 読み・書き・計算の基礎学力の定着を図る。

  ・午前8時20分から8時30分まで(10分間)

  ・漢字・言葉のきまり・計算を行う。

  ・読書タイム(毎週火曜日 全校一斉)
 

 【2 家庭学習の充実を図る取り組み】

 ○家庭学習の手引き(保護者用)の作成と活用

 ○家庭学習の手引き(児童用・各学年用)の活用
 ○自主学習活用コーナーの活用

 

 【3 夏休み算数教室】

 ○算数の基礎基本の定着を図る補充学習

 ・1年生から6年生まで

 ・1学期の学習内容の復習や計算練習
 

 【4 縦割り班活動】

 ○全校を9の縦割り班に分けて、1年生を迎える会・運動会・集会活動・縦割り掃除を通して異学年の交流を図っている。

 ・縦割り班遊び(6月、2月)・・・各班ごとに6年生のリーダーが、遊びを考えて準備しゲームを行う。

 ・運動会(9月)・・・6年生の団長を中心に結団式・応援合戦の練習を通して異学年の交流が深まっている。

 ・なかよしオリエンテーリング(11月)・・・6年生が考えたいろいろな楽しいゲームのコーナーを5年生が班員を連れて回って、スタンプを集めていく。
   ・縦割り掃除(毎学期1週間)・・・学期に1週間、班ごとに掃除場所を割り振り、6年生が役割分担をして協力して掃除をする。
  

 【5 防災訓練】
 ・日本三大局地風の一つである「広戸風」の被害が大きい地域の学校ということから、地域の講師を招き、広戸風について知り、自分や人を守るためにどう行動するのかを学習している。
  そして、広戸風だけでなく、様々な自然災害にも目を向け、生きていく力を身につけるための取組を続けている。

 

 【6 開校記念相撲大会】 相撲の風景

 本校には、運動場に土俵があり、明治9年10月28日に開校したことから、毎年10月下旬に全校相撲大会を行っている。相撲大会までに各学年で予選を行い、各学年から男子・女子各2名ずつが決勝戦に出場する。決勝戦は、参観日に行い、保護者や地域の方が観戦に来られて大きな声援を送って下さっている。
 今年度の第143回相撲大会は、10月30日(水曜日)フリー参観日に行う予定。

 

 【7 校内研究】 令和元年度

 ○研究主題 
 わかる授業・楽しい授業づくりをめざして

 ~聞く力、話し合う力をつけ、考えを深めたり広げたりする~
         
 ○課題に対する主な取組や手だて
 ・授業の改善や工夫
   児童が、「わかった」「できた」と感じることで、自ら学ぼうとする意欲につながると考える。したがって、児童の知的好奇心をくすぐり、達成感を感じるような授業づくりに努める。
   また、岡山型学習スタンダードをベースにし、「ながれ」「めあて」「ポイント」「まとめ」「チャレンジ」「ふりかえり」等のカードを使用して、わかりやすい授業を行う。また、意見を広げ、深める話し合い(伝え合う)、学び合いのある授業づくりを進める。
 ・学級経営力の向上
   人権教育、特別支援教育等の各種教育や生徒指導等の研修を深めながら、学級経営力を高める。全校で統一した学習規律を定着させる。
 ・基礎基本の定着
   スモールステップでの取組を継続しながら、基礎基本の学力を定着させる。全校朝学習・放課後学習・読書の取組をする。
 ・言語活動の充実・表現力の育成
   声を出す活動を入れたり、表現する場を設定したりする。音読、視写などにもしっかり取り組む。ノート指導の充実を図る。
 ・家庭学習の定着
   家庭学習の手引きを配布し、学級懇談等で話題にしたり、学級指導をしたりして、自主学習の質を高め、学習習慣の定着を図る。
 ・小中連携による人権学習の推進。

 ○研究計画
 ・低学年・高学年の2分科会に分かれ、教科は絞らず、テーマに沿っていろいろな教科からアプローチする。
 ・1人1回の公開授業を行い、互いの授業改善に努める。
 ・月曜日、水曜日に研究テーマに向けた全体会や部会を行う。
 ・OJT研修で、授業改善、生徒指導等について相互に学び合う。
 ・勝北中ブロック保小中連携事業を進める。
 ・研究会報告や個人研究等の情報交換を行う。
 ・人権学習充実拠点事業(年2回の学校公開・スーパーバイザーを招聘した研究授業)

 ○評価方法
 ・児童に対してアンケートを実施し、研究成果を検証する。
 ・児童の話し合い活動、発表、ノートの記録などにより、評価する。
 ・授業改革推進員による授業観察と指導・助言を活かす。

 

 【8  MY Town つやまの取り組み】

 ○ふるさと津山・勝北・新野について知り、生まれて育ってよかったと思えるような活動体験を行う。
 ○地域の方々や外部の方々との交流を深める取り組みを行っている。
 ・1年生・・・草花の観察、さつまいもの苗を植える・さつまいもの収穫・さつまいものパーティ、
        昔あそび体験学習、
すみれ会(地域高齢者の方たち)との交流
 ・2年生・・・地域の自然観察、地域探検
 ・3年生・・・地域学習、スーパーマーケットの見学、勝北公民館や図書館の見学、勝北歴史民族資料館見学、むかしのくらし学習
 ・4年生・・・津山圏域クリーンセンター見学、草加部浄水場見学、下水処理場見学
         津山消防署の見学、津山警察署の見学(その年によって選択)

 ・5年生・・・<米づくり>田植え・アイガモ農法見学・いいそない・稲刈り・脱穀・ボランティアの方を招待した収穫祭・お飾りづくり
 ・6年生・・・津山洋学資料館の見学、租税教室、新野祭りへの参加(浦安の舞)

 
 【9 勝北保小中連携事業】 
 ○勝北中学校区の1こども園・3小学校・1中学校で保小中連携を行う。全体構想図のもと、今までの組織を再編成した。
  連携のテーマを「地域とともに、豊かな学力を育てる保小中の連携」とし、小中の授業公開、合同研修会、推進委員会、各部会を定期的に開催している。
 

 
 
 【10 地域との連携】
 ○民生委員懇談会・・・年2回、授業参観、給食試食、学校行事への参加などをしていただいて、学校を支援していただいている。
 ○津山っ子を守り育てる市民の会・・・勝北ブロックで総会や研修会を開催するとともに、夏休み工作教室やスポーツ教室を実施していただいている。
 ○新野地区教育推進協議会・・・各地区の町内会長や代議員によって組織されていて、毎年、創立記念相撲大会や各種行事で応援していただいている。
 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 学校教育課
  • 直通電話0868-32-2116(学事係)  0868-32-2115(指導係)
  • ファックス0868-32-2157
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールgakkyou@city.tsuyama.lg.jp