• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市とサンタフェ市の交流経過

津山市とサンタフェ市の交流経過

Japanese /English


 


平成3年(1991)
  9月
日本の姉妹都市を探していたサンタフェ国際姉妹都市協会のモンド・セクター氏が国際親善都市連盟(東京)訪問。人口規模・地理・歴史や津山国際総合音楽祭など文化によるまちづくりをすすめていた地方の城下町「津山市」を紹介される。

平成4年(1992)
  
5月
モンド・セクター氏より、姉妹都市縁組締結の意向打診
   
7サンタフェ市長サム・ピック氏より、交流を促す手紙到着
   
9月永礼津山市長より、市民が交流を進める意向を持っていることを、サンタフェ市長に伝える。


平成5年(1993)
  5月サンタフェ市からの民間訪問団10名来津。学校、文化施設訪問、ホームステイなどで交流
  6月宮坂流津山銭太鼓保存会の30名がアメリカ合衆国アリゾナ州のフェニックスで行われたアメリカ・ジャパン・ウィーク期間中にサンタフェで公演する。津山市職員2名が同行
  10月永礼津山市長を団長とする公式訪問団10名(市議会議員2名を含む)がサンタフェ訪問
  
平成6年(1994)
  2月津山サンタフェ友好協会発足
  
7月友好協会の呼びかけでサンタフェ音楽視察団10名(市職員1名、山陽新聞記者1名を含む)がサンタフェオペラ、室内楽フェスティバルなどを視察
  
10月サンタフェのプエブロ・インディアン32名来津、津山公演
  
平成7年(1995)
   4サンタフェ姉妹都市協会のアーサー・オリバス会長、ラリー・デルガド市長代理、議員など公式訪問団来津
  5月アメリカ・ジャパン・ウィーク(サンタェ会場)に津山地方から総勢138人(市職員・文化振興財団職員6名、山陽新聞津山支社編集部長含む)が参加。伝統芸能、工芸、生活文化などの公演、実演、展示
  
平成8年(1996)
  11月サンタフェ・チェンバー・ミュージック・フェスティバルin津山開催
サンタフェ・チェンバー・ミュージック・フェスティバル音楽芸術監督大山平一郎氏以下4名来津 サンタフェ津山姉妹都市協会のアーサー・オリバス会長来津


平成9年(1997)
  8月中第1回中高校生訪問団(美作地区中高校生32名、随行員3名)派遣。
  
9月中高校生訪問団写真展開催
  
9月津山城西まるごと博物館開催
作州民芸館でサンタフェの織物をコーデリア・コロナド氏が実演銀製品やタペストリーなどを販売。併せて、サンタフェ津山姉妹都市協会会長アーサー・オリバス氏来津

  
平成10年(1998)
   8月第2回中高校生訪問団(美作地区中高校生22名、随行員2名)派遣
  
9月中高校生訪問団写真展パートII開催
   
平成11年(1999)
  8月第3回中高校生訪問団(美作地区中高校生19名、随行員2名)派遣  
 

平成12年(2000)
  5月アーサー・オリバス会長をはじめとするサンタフェからの民間訪問団(中高校生9名、成人5名、随行員1名)が来津。津山市内外の家庭にホームステイ
  
8月第4回中高校生訪問団(美作地区中高生32名、随行員2名)派遣
  
9月第4回中高校生訪問団写真展開催
   11月津山市議会から議員3名が視察のためサンタフェを訪問。デルガド市長及びサンタフェ市議会議員を表敬
 

平成13年(2001)
  8月アーサー・オリバス会長の仲介により、サンタフェのモンテ・デル・ソル・チャーター・スクールと北陵中学校がEメールによる交流を開始
  
9月10月に派遣予定となっていたサンタフェ一般訪問団が、アメリカで9月11日に発生した同時多発テロ事件の影響により中止となる。
  11アーサー・オリバス会長が来津し、市役所と北陵中学校を訪問
 

平成14年(2002)
  8月6回中高校生訪問団(美作地区中高校生12名、随行1名)派遣
  9月第6回中高校生訪問団写真展開催(津山市立図書館にて)
 

平成15年(2003)
  5月モンテ・デル・ソル・チャーター・スクールの生徒が初めて来津、北陵中及び作陽高校を訪問、両校の生徒宅へホームステイ(生徒14名、保護者1名、随行1名)
  8月第7回中高生・一般訪問団派遣(中高生8名、成人4名、随行1名)
 

平成16年(2004)
  6月モンテ・デル・ソル・チャーター・スクール他の生徒が来津、北陵中及び作陽高校を訪問、両校の生徒宅へホームステイ(生徒8名、随行1名)
  8月第8回中高生・一般訪問団派遣(中高生13名、成人1名、随行1名)
  9月第12回世界地方都市十字路会議出席のため、デルガド市長夫妻来津    
 

平成17年(2005)
  5月津山城築城400年記念事業「つやまお城まつり」にサンタフェ市特産物テントを出店 サンタフェ市長のご令嬢夫妻が来津し特産物を販売。
 

平成18年(2006)
  4月モンテ・デル・ソル・チャーター・スクールの生徒らが来津、北陵中及び作陽高校を訪問、市内外の家庭へホームステイ(生徒14名、卒業生1名、随行2名)
  5月津山サンタフェ友好協会事務局長がサンタフェを訪問。コス市長に桑山市長からの親書を渡す。
 

平成19年(2007)
  11アーサー・オリバス会長が来津し、市役所を訪問
 

平成20年(2008)
  4月モンテ・デル・ソル・チャーター・スクールの生徒らが来津、北陵中及び作陽高校を訪問、市内外の家庭へホームステイ(生徒17名、卒業生1名、随行4名)
 

平成21年(2009)

  8月津山地ビールフェスタにサンタフェPRブースを出店 

《友好交流都市10周年記念イベント》

  11津山「ロボットコンテスト」会場とサンタフェの「ジャパンナイト」会場をインターネットでつなき(生中継)、桑山市長とコス市長がメッセージの交換を行う。また、津山会場にある書道ロボットをサンタフェ会場の中高生が遠隔操作をおこなうなど交流イベントを行う。《友好交流都市10周年イベント》

  11月アーサー・オリバス会長が来津し、茶道を通じた交流をおこなう。
 

平成22年(2010)
  5月5月30日から6月2日の日程で、モンテ・デル・ソル・チャーター・スクールの生徒他(生徒21名、引率教諭1名、保護者など4名)が来津 北陵中、作陽高校での交流事業、市内を中心としてホームステイを実施した。
 

平成23年(2011)
  3月3月10日から3月14日にかけて、サンタフェスクールフォアジアーツアンドサイエンシズの生徒他(生徒10名、引率教諭2名、通訳1名)が来津 中正小学校で交流事業を行い、市内でホームステイを実施した。

      4月―津山サンタフェ友好協会事務局長がサンタフェスクールを訪問。4月20日を「津山の日」と制定した文章を受け取ると同時に、サンタフェスクール保護者から絵画3点、写真1点、陶器1点の寄贈を受けた。これは震災時に日本に滞在してい生徒達を無事に帰国の途に就かせてくれたことに対する謝意によるものである。さらに、サンタフェスクールでは募金活動の結果556,874円を友好協会を通じてNPO法人ジュンに寄付した。モンテ・デル・ソル校は、2,565ドルを千羽鶴とともに岩手県立髙田高校に寄付した。
10月から12月上記寄贈品を市役所本庁1階「市役所まるごと美術館」にて3ヶ月間展示

平成24年(2012)
  7月第14回友好訪問団(市内中学生10名、引率3名)が6泊のホームステイを含むサンタフェスクールフォアジアジアアンドサイエンシズ校主催のサマーキャンプに参加

平成25年(2013)
5月、6月
5月27日から6月1日にかけて、サンタフェ モンテ・デル・ソル・チャータースクールの生徒他24名(生徒20名、引率3名、引率者子ども1名)が来津。作陽高校、津山高校、北陵中学校で授業参加し、交流を深め、津山市及び近隣市町村でホームステイを実施した。

平成26年(2014)
  7月―第15回友好団派遣(市内中学生6名、引率2名)7月22日から7月30日までの日程でサンタフェスクールフォアジアーツアンドサイエンシズ校主催のサマーキャンプに参加

平成27年(2015)
   9月―
津山東高等学校の文化祭でサンタフェパネル展を開催、生徒作成のサンタフェ紹介DVDをサンタフェのモンテデルソル校へ送付
   

平成28年(2016)
  
1
津山商業高等学校で津山市のサンタフェ交流事業について説明会を実施
   6月―津山6月10日から14日にかけて、サンタフェコミュニティーカレッジTMP校の生徒他17名(生徒14名、引率者2名、引率者家族1名)が来津。津山東高校、津山商業高校で交流事業、市内ホームステイを実施した。

平成29年(2017)
   7月、8月第16回友好団派遣(市内中学生4名、高校生6名、引率2名)7月21日から8月4日までの日程でサンタフェスクールフォアジアーツアンドサイエンシズ校主催のサマーキャンプに参加
   
11月―サンタフェ友好写真展開催(津山男女共同参画センター さんさん祭りにて
   
平成30年(2017)  
    1月―サンタフェ友好写真展開催(津山市立図書館にて)
teと制定しつやま

 

  7月―

 

  5-6月―月27日から6月1日にかけて、サンタフェ モンテ・デル・ソル・チャータースクールの生徒他24名(生徒20名、引率3名、引率者子ども1名が来津。作陽高校、津山高校、北陵中学校と交流事業を行い交流を深め、津山市及び近隣市町村でホームステイを実地した。

 

  7月―

 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 協働推進室
  • 直通電話0868-32-2032
  • ファックス0868-32-2152
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所3階
  • Eメールkyoudou@city.tsuyama.lg.jp