• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

入院時の食事代について_後期高齢者医療

 

 入院時の食事代について

 入院時の食事代は、下記の標準負担額を自己負担し、残りを後期高齢者医療保険が負担します。
 住民税非課税世帯の方は、標準負担額を減額することができますが、医療機関にて「標準負担額減額認定証」(区分I、区分IIの方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」)の提示が必要となりますので、市役所1階8番高齢者医療係窓口もしくは各支所・出張所担当課窓口で申請してください。


 申請に必要なもの :保険証・印鑑

 入院時食事代の標準負担額

区分

食費負担額

1.

一般 (下記以外の方)

1食460円※1

2.

低所得II

90日までの入院

1食210円

過去12か月の入院
日数が90日を超える
場合の入院

1食160円※2

3.

低所得I

1食100円

低所得II 同一世帯の世帯員全員が住民税非課税である方。
低所得I 同一世帯の世帯員全員が住民税非課税である方で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたとき0円となる方、及び老齢福祉年金を受給している方

※1 指定難病の人などは260円です。
※2 低所得者II(区分II)の認定期間内の入院に限ります。認定期間内の入院が90日を超えた場合に改めて申請をすることで、1食あたり160円になります。(以前加入の医療保険において区分IIに相当する認定証の交付を受けている入院期間を含む)

 療養病床に入院したとき

 療養病床に入院した場合は、食費と居住費の一部を自己負担していただくことになります。
 ただし、入院医療の必要性の高い方(人工呼吸器、静脈栄養等が必要な人や難病の人等)の負担額は、上記の食事代のみとなります。(居住費の負担はありません。)

所得区分
食費負担額
居住費負担額
平成29年9月まで 平成29年10月から
1. 現役並み所得者及び一般 1食につき
460円※
1日につき
320円
1日につき
370円
2. 低所得II 1食につき
210円
1日につき
320円
1日につき
370円
3. 低所得I(4以外の方) 1食につき
130円
1日につき
320円
1日につき
370円
4. 3のうち、老齢福祉年金を受給している方 1食につき
100円
1日につき
0円
1日につき
0円

 ※一部医療機関では420円の場合もあります。どちらに該当するかは医療機関にご確認ください。

 上記の2から4までに該当する方は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提出することにより、減額が受けられます。 低所得II、低所得Iの区分の内容及び「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請については、 上記「入院時の食事代について」をご覧ください。

この情報に関する問い合わせ先

津山市 保険年金課
  • 直通電話0868-32-2071(国民健康保険係) 0868-32-2072(国民年金係) 0868-32-2073(高齢者医療係)
  • ファックス0868-32-2158
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 市役所1階
  • Eメールhoknen@city.tsuyama.lg.jp