• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

子ども・子育て支援新制度が始まりました。

子ども・子育て支援新制度について

 みんなが、子育てしやすい津山へ・・・すくすくジャパンシンボル

 子ども・子育て支援新制度って?

 どんな施設や事業が利用できるの?

 子ども・子育て支援新制度で入園の仕方が変わります!

 新制度での施設利用の流れ

 入園に関する今後のスケジュール

 よくあるご質問(内閣府FAQページ)

 子ども・子育て支援新制度に関する市の取り組み

 事業者のみなさまへ

 

子ども・子育て支援新制度って?
 ■ 「子ども・子育て支援新制度」とは子ども・子育て支援新制度が始まります。

 子ども・子育て関連3法に基づき平成27年4月から実施される子どもや子育てを支援する新しい仕組みです。

 この制度は、「子育てについての第一義的責任は保護者が持つ」という考え方を基本にしながら、子育てを社会全体で支えることを目的としています。今後も、市町村が主体となり、幼児期の教育・保育や地域の子ども・子育て支援の充実や総合的な推進に取り組みこととされています。

 

 ■なぜ新たな制度になるの?

  少子化の進行、子育ての孤立感や負担感の増加など、子育てをめぐる現状と課題を改善するため、消費増税に伴う税収を活用して子ども・子育て支援の拡充を図るものです。

 ■こんな取組を進めています!

 (1) 幼児期の学校教育や保育、地域のさまざまな子育て支援の「量の拡充」や「質の向上」を進めます。

 (2) 保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすい、働きやすい社会をめざします。

 (3) 個々の家庭の状況に応じた適切なサービスの提供を図ります。

ページの先頭へ

どんな施設や事業が利用できるの?
 ■教育・保育の場

教育・保育の場

 ■地域の子ども・子育て支援事業

 すべての子育て家庭を支援するため、ご家庭で子育てをする保護者も利用できる「一時預かり」や、身近なところで子育て相談などができる地域子育て支援拠点事業、放課後児童クラブなど地域の様々な子育て支援の充実を図ります。  

子育て支援 内容
妊婦健診

安心して妊娠・出産をするために、定期的な受診をお勧めしています。
「受診券」を利用すれば無料で受診できます。

赤ちゃん訪問
(乳児家庭全戸訪問)

子育て支援と赤ちゃんの健やかな成長を応援するために、生後4ヶ月までの乳児がいる全ての家庭を訪問しています。

一時預かり保育

保護者が用事で保育できない時、休息したい時などにお子さんをお預かりします。

病児保育

保育園(所)や小学校(6年生以下)に通っているお子さんが、病気のため登園や登校ができない時に、お預かりします。

休日保育

日曜日・祝日に保護者が、仕事や用事で保育ができない時にお子さんを保育園(所)でお預かりします。

津山ファミリー・サポート・センター

子育ての応援をしてほしい人(依頼会員)と応援したい人(提供会員)が会員となり、子育てを地域で支え合う有償ボランティア組織です。お子さんの一時預かりや習い事の送迎などを行います。

子育て短期支援事業
(ショートステイ)

急なアクシデントでお子さんの養育が困難になったとき7日間を限度に児童養護施設でお預かりします。

親子ひろば「すくすく」

3歳未満のお子さんと保護者を対象に、お子さんと遊ぶ場や、親同士が子育てについて意見交換する場を無料で提供しています。

子育て支援センター

就学前のお子さんと保護者を対象に交流行事や子育てについての無料相談を市内4保育園(所)で行っています。

放課後児童クラブ

放課後、保護者が仕事などで家庭にいない小学生のお子さんを預かり、適切な遊びと生活の場を提供します。

 ページの先頭へ

子ども・子育て支援新制度で入園の仕方が変わります!
 ■保育の必要性等の認定について

 新制度では、施設などの利用を希望する場合には、利用のための認定を受ける必要があります。

 3つの認定区分に応じて、利用できる施設(市立幼稚園、保育園(所))が決まります。

 ※私立幼稚園の入園手続きはこれまでと同じです。認定を受ける必要はありません。

 認定区分
区分 認定基準 対象と利用施設 

1号認定

教育標準時間認定

お子さんが満3歳以上で、教育を希望される場合
【利用先】市立幼稚園

2号認定

満3歳以上・保育認定

お子さんが満3歳以上で、「保育の必要な事由※」に該当し、保育園等での保育を希望される場合
【利用先】保育園(所)、市立幼稚園

3号認定

満3歳未満・保育認定

お子さんが満3歳未満で、「保育の必要な事由※」に該当し、保育園等での保育を希望される場合
【利用先】保育園(所)

 ※ 「保育の必要な事由」とは、保護者の就労・妊娠や出産・疾病や障害・親族の介護や看護・求職活動など

 ■保育時間

 さらに、2号・3号認定を受けた人が保育を利用できる時間は、「保育の必要な事由」や就労などの時間数に応じて、次の3つの区分に分かれます。

区分 保育時間 保育の必要な事由
保育標準時間 1日11時間まで ・1ヶ月に120時間以上労働等を常態としていること。
・妊娠中、または出産後間がないこと。
・疾病にかかり、もしくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有していること。
・震災、風水害、火災、その他の災害の復旧に当たっていること。
・虐待やDVのおそれがあること。
保育短時間
1日8時間まで
・1ヶ月に48時間から120時間未満労働等を常態としていること。
・求職活動(起業準備を含む)であること。
・父または母が育児休業中の継続児

 ページの先頭へ

新制度での施設利用の流れ

 1号認定の場合(市立幼稚園)

 (1)市立幼稚園に直接入園を申し込み、利用のための認定申請も併せて提出

  する(同時に手続きが可能です)

        ↓

 (2)市立幼稚園を通じて、市から認定証が交付される(1号認定)

   市立幼稚園から入園の決定を受ける

         ↓

 (3)市立幼稚園と契約・利用

たいこの子供

 2号、3号認定の場合(保育園)

 (1) 「保育の必要性」の認定の申請と保育園等の入園申し込みをする(同時

   に手続きが可能です)

        ↓

 (2) 市で、申請者の希望・保育園等の状況などにより、入園選考を行う

        ↓

 (3)市から認定証が交付される(2号認定・3号認定)

        ↓

 (4)入園を決定・契約・利用

マラカスの赤ちゃん

 ページの先頭へ

入園に関するスケジュール

 保育園、幼稚園の平成28年度の入園児募集を11月に行います。
 平成27年度入園児は随時募集しています。

 ※施設の利用手続きの時期や流れは、これまでと大きく変わるものではありません。

 ※入所申込書などの様式はこちらです。

 ページの先頭へ

子ども・子育て支援新制度に関する市の取り組み
 ■津山市子ども・子育て審議会の設置

 市では「子ども・子育て支援法」に基づいて、関連する事業計画の策定や関連事業の推進方策について内容を審議する「津山市子ども・子育て審議会」を平成25年7月から設置しています。委員は学識経験者、子育て中の保護者、子育て支援に関わる事業者などです。

 ■津山市子ども・子育て支援事業計画の策定

 新制度では、市町村が実施主体として事業計画を策定し、支援を総合的・計画的に行うことになります。市では、平成25年10月に実施したニーズ調査の結果をはじめ、審議会委員や市民の皆様の意見を踏まえ、平成27年3月に津山市子ども・子育て支援事業計画~つやまっ子にこにこプラン~を策定しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 ページの先頭へ

よくあるご質問(内閣府FAQページ)

 子ども・子育て支援新制度に関する、よくあるご質問と回答です。

 保育所等について(外部リンク)子ども2人すくすくジャパン

 保育所等の利用に関するご質問と回答を掲載しています。

 幼稚園等について(外部リンク)

 幼稚園等の利用に関するご質問と回答を掲載しています。

 認定こども園について(外部リンク)

 認定こども園に関するご質問と回答を掲載しています。

 その他(外部リンク)

 在宅・地域の子育て支援、放課後児童クラブなどに関するご質問と回答を掲載しています。

 

 内閣府パンフレット「子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK」(PDF:1.7MB)

 子ども・子育て支援新制度 なるほどBOOK(平成26年9月改訂版)(A4版)【印刷用】(PDF形式:2,213KB)

 制度の詳細については内閣府「子ども・子育て支援制度ページ」もご参照ください。

 ページの先頭へ

事業者のみなさまへ

 新制度開始に伴い、様々な事務手続きの変更等が行われています。

 ご質問・ご相談等につきましてはこども課こども政策係または幼児教育係へどうぞ。

 子ども・子育て支援新制度ハンドブック【印刷用】(PDF形式:1,445KB)

 よくあるご質問(内閣府事業者向けFAQ)

 事業者向けFAQ(よくある質問)(PDF:302.7KB)

 財政支援等関係(私学助成・就園奨励費、施設型給付)FAQ(よくある質問)(PDF:119.5KB)

 公定価格に関するFAQ(よくある質問)(PDF:290.7KB)

 公定価格試算ソフトダウンロード(文部科学省幼保連携推進室)

 ページの先頭へ

 すくすくジャパン 子ども達の行進

 

 

 

この情報に関する問い合わせ先

津山市 こども保育課(幼保支援係、幼児教育係)
  • 直通電話0868-32-7039(幼保支援係) 0868-32-7028(幼児教育係)
  • ファックス0868-32-2161
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520
  • Eメールhoiku@city.tsuyama.lg.jp