• 本文へ
  • 文字サイズ
    • 拡大
    • 縮小
  • 背景を変える
    • 標準

津山市立学校の適正な規模や配置等に関する基本方針

津山市立学校の適正な規模や配置等に関する基本方針

 全国的な少子化傾向の中、津山市では、児童生徒が減少している地域と増加している地域があり、地域による教育条件や教育環境の均衡を保つことが必要です。

 このような中、学識経験者をはじめ、教育関係者等で構成する「津山市立小中学校の適正規模・適正配置検討懇談会」を設置し、平成21年3月「津山市立学校適正規模・適正配置に関する意見書」を受けました。

 教育委員会はこの「意見書」を踏まえて、子どもたちの教育という観点から、より良い教育環境の整備と学校教育の充実のため、「津山市立学校の規模や配置等に関する基本的な方針」を定めました。

 文部科学省の提唱する、少人数学級(35・30人学級)の推進等、教育を取り巻く環境は流動的なものがありますが、今後は、この方針に基づき、子ども達の教育環境の整備について検討して参ります。

  

(1)津山市立学校適正規模・適正配置に関する意見書.pdf [687KB pdfファイル]

(2)津山市立学校の適正な規模や配置等に関する基本方針.pdf [135KB pdfファイル]

(3)津山市立学校の適正な規模や配置等に関する基本方針概要.pdf [110KB pdfファイル]

この情報に関する問い合わせ先

津山市教育委員会学校教育部 教育総務課
  • 直通電話0868-32-2112
  • ファックス0868-32-2157
  • 〒708-8501岡山県津山市山北520 東庁舎2階
  • Eメールkyouiku@city.tsuyama.lg.jp